白髪染め トリートメント 使い方

白髪染めのトリートメントの使い方は?

トリートメントタイプの白髪染めは、従来の白髪染めとは成分も使い方もまったく違うタイプです。仕上がりがナチュラルで、染めたという違和感があまりなく、見た感じも自然に仕上がることから、一度使うと長く愛用される方が多いといいます。白髪染めが自分で簡単にできることから、毎日仕事、家事、子育てなどで忙しく過ごしている方にも人気のある白髪染めです。白髪染めの種類や染める方法はたくさんあります。泡で染めるタイプや、乳液タイプのものもあります。しかしなぜ、トリートメントタイプに人気が集まっているのでしょうか?その理由は、手軽な使い方にあります。カラートリートメントは、普段と変わらない生活を送りながら、いつも面倒に感じていた白髪染めの作業が楽にできるのです。トリートメントしながら、髪に潤いを与え、髪のツヤも出ます。白髪染めの中でも、頭皮へのダメージが少ないので安心というところが注目されているのです。

 

ヘアカラーや一般的な白髪染めの場合は、髪のキューティクルに負担がかかって傷みやすいのですが、カラートリートメントは、シャンプーの後にトリートメントをする要領とほぼ同じ使い方です。シャンプーをしたら髪をタオルで拭いて、しっかりと水気をとります。その後、髪にまとわりつく程度の量のカラートリートメントを塗って、馴染ませます。5分ほど置いたら、その後はいつものトリートメントと同じようにすすぎ、髪を乾かすだけです。もし、髪にちゃんと塗られていない感触があったり、染まりが悪いと感じたりしたら、カラートリートメントの量を増やしてみましょう。ショートならピンポン玉大が1個、セミロングならピンポン玉大2個が目安です。

 

初めて使う場合は10分ほど放置することで、髪の表面に色素がつきやすいと言われています。手間と時間がかからないことから、大変人気が高まっているカラートリートメントは、白髪がある方なら一度は試してみたいと感じる白髪染めですね。