白髪染め トリートメント 無添加

無添加の白髪染めはトリートメントタイプがおすすめ

年齢とともに白髪が増えてくるのは止めることができません。白髪を見つけると憂鬱な気持ちになってしまいますが、長いお付き合いになるもので、仕方のないことなのです。白髪は、年齢を重ねると誰でも生えてくるものです。気持ちを切り替えて、白髪を新しい髪色に染めて、ファッションを楽しむことを考えましょう。最近では、白髪染めのバリエーションも増えていますし、髪が傷みにくいように開発された白髪染めも続々と登場しています。

 

ほとんどの方は、白髪を自分で染めるか美容院で染めてもらっていますよね。その多くの白髪染めの方式は、髪を脱色してから色を入れるもので、ツーンとするあの嫌なニオイがするタイプです。このタイプの白髪染めは化学染料が入っていて、ジアミン系のアレルギー物質が含まれます。そのため、頭皮がかぶれたりただれたりしやすいのです。この方式の白髪染めは、強いアルカリ性にすることで髪のキューティクルを開かせ、酸化反応で染める仕組みです。人間の肌は弱酸性で頭皮も同じですので、強いアルカリ性の白髪染めは頭皮や髪の傷みの原因になるのです。

 

無理に開かされたキューティクルは傷みやすく、見た目のツヤがなくなったりパサパサに見えたりしてしまいます。触った感触もゴワつくため、傷んでいるのが手触りでも分かります。キューティクルが揃っていないと健康な髪には見えませんので、長期間頭皮に強い刺激のあるタイプの白髪染めを使うのはあまりおすすめできません。

 

最近では、無添加で髪を傷めない「カラートリートメントタイプ」が人気を集めています。白髪染めで髪や頭皮が傷んだ経験がある方は特に、試してみたいと思いますよね。キューティクルをはがすことで髪の中に染料を入れる従来型の白髪染めと違って、髪の表面に染料をコーティングする方式で、髪を傷めにくいだけでなくトリートメント効果もあります。加えて天然成分でできていて無添加なら、嬉しい限りです。