白髪染め トリートメント 敏感肌

敏感肌にはカラートリートメントの白髪染めがおすすめ

敏感肌の方の中には、白髪染めで頭皮に刺激を感じたことがある方も多いかもしれません。刺激臭がするタイプの白髪染めは、ジアミンという酸化染料が含まれ、過酸化水素を化学反応させて染める方式です。化学物質を含む白髪染めは、アレルギー反応を起こす方もおり、湿疹やはれ、かゆみなど、頭皮のトラブルが起こりやすいことでも知られています。鼻炎、気管支ぜんそく、湿疹を発症することもあり、重症化すると、急性アナフィラキシーを起こしてしまうこともあるのです。そのため、白髪を染める48時間前には、毎回必ずパッチテストがしなければいけません。

 

ジアミン系の白髪染めは強いアルカリ性の酸化剤で作られており、キューティクルを開くことで髪の内部に染料が入り込むようになっています。そして、脱色成分によって髪のメラニン色素を分解し、染料が酸化して発色を始めます。この時、きれいに発色させるためにジアミンが必要なのです。

 

ジアミンは蓄積性があり、いつアレルギーが発症しても不思議ではありません。アレルギーの症状を感じないで使用していても、繰り返し使っていると急に発症したという例もあります。そして敏感肌の方は特に、かぶれたりかゆみを生じたりしやすい傾向があります。敏感肌の方もそうでない方も、ジアミン入りの白髪染めを使用する場合は、必ずパッチテストを行いましょう。アレルギー反応のない人が使用するのは特に問題ありませんが、体調が悪い時や皮膚の状態に問題がある時は、使用にあたっては注意が必要です。

 

このジアミンを含まないタイプの白髪染めが「カラートリートメント」です。天然由来の染料で化学物質を含まないため、敏感肌の方でも安心して使うことができます。敏感肌の方は、白髪染めの成分にこだわりがあることが多く、昆布特有のフコイダンやウコン、ベニバナ、クチナシなどの天然の原料だけを使用した白髪染めのカラートリートメントに関心が高まっています。素手で染めることができるのも魅力の一つです。刺激が大変少ないので、敏感肌の方にもおすすめです。