白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントの基礎知識記事一覧

簡単に使えるとして人気の白髪染めに、トリートメントタイプがあります。トリートメント成分が含まれた白髪染めは、薬品が含まれた、従来の刺激のあるタイプの白髪染めとは成分が違います。そのため、髪や頭皮に良いとして、ナチュラル志向で成分に敏感な利用者に支持され、人気が高まっているのです。この白髪染めをカラートリートメントと呼びます。この中には、普通のトリートメントには配合されていない「染料」が含まれていま...

髪の毛について女性が気になる悩みのひとつに「白髪」があります。最初はほんの数本だったのに、年齢を重ねるのに合わせるかのように目立ち始める、嫌な存在です。白髪は増えていく一方なのが現実です。増えるスピードは人によって違いますが、対策をしないと白髪がどんどん目立ってきてしまいます。白髪染めには数え切れないほどの商品があります。しかも染める方法はさまざまですので、白髪染めを探している方は、最初はどれがい...

トリートメントタイプの白髪染めは、従来の白髪染めとは成分も使い方もまったく違うタイプです。仕上がりがナチュラルで、染めたという違和感があまりなく、見た感じも自然に仕上がることから、一度使うと長く愛用される方が多いといいます。白髪染めが自分で簡単にできることから、毎日仕事、家事、子育てなどで忙しく過ごしている方にも人気のある白髪染めです。白髪染めの種類や染める方法はたくさんあります。泡で染めるタイプ...

白髪が目立ってくると、「何だか私も年かしら」と感じてしまう瞬間があります。年齢を感じると、女性なら誰でも憂鬱な気分になってしまいますよね。そのため、最近では自分で白髪を染める方が大変増えてきました。以前に比べて白髪染めの種類がどんどん増え、成分にも大きな違いが出てきています。特に、最近主流になりつつある白髪染めのタイプは、低刺激で毎日使っても害の少ないタイプの白髪染めです。天然成分のものが中心で、...

白髪染めをする時には、髪が傷むのがとても気になりますね。また、かぶれないかも心配ですし、体調の悪い時にはかゆみが出たり、敏感肌の方は白髪染めによって湿疹が出てしまったりすることもよくあります。白髪染めは髪の毛のキューティクルが傷みやすいことで知られています。髪の内部に化学反応で人工的に色素を入れる方法は、キューティクルにも頭皮にも負担がかかります。自分に合わない白髪染めを使っていると、その影響で髪...

白髪は、1本あるだけで年齢が何歳も上に見えてしまう、厄介な存在です。白髪をダークブラウンなどの洗練された色に染めるだけで、かなりの若返り効果があります。ヘアスタイルは重要です。顔の印象に変化を与え、顔を華やかにしてくれますし、メイクも引き立ててくれるため、白髪が目立つようになったら、白髪染め用カラーを使ってメイクやファッションのおしゃれを楽しみましょう。最近、白髪染めにはさまざまなタイプが増えてき...

年齢とともに白髪が増えてくるのは止めることができません。白髪を見つけると憂鬱な気持ちになってしまいますが、長いお付き合いになるもので、仕方のないことなのです。白髪は、年齢を重ねると誰でも生えてくるものです。気持ちを切り替えて、白髪を新しい髪色に染めて、ファッションを楽しむことを考えましょう。最近では、白髪染めのバリエーションも増えていますし、髪が傷みにくいように開発された白髪染めも続々と登場してい...

敏感肌の方の中には、白髪染めで頭皮に刺激を感じたことがある方も多いかもしれません。刺激臭がするタイプの白髪染めは、ジアミンという酸化染料が含まれ、過酸化水素を化学反応させて染める方式です。化学物質を含む白髪染めは、アレルギー反応を起こす方もおり、湿疹やはれ、かゆみなど、頭皮のトラブルが起こりやすいことでも知られています。鼻炎、気管支ぜんそく、湿疹を発症することもあり、重症化すると、急性アナフィラキ...

オーガニックにこだわった白髪染めがあります。オーガニックとは、米国オーガニック認証団体が認定した農薬や化学肥料を使わずに生産された植物で作られた商品をいいます。たとえば、厳しい規定の中で作られた原料から抽出され精製された、ハーブエキスやオーガニックエッセンシャルオイル、シアバターなどのことです。原料には、甘草、アカミノキ、ラベンダー、セージ、ローズマリーなどがあります。オーガニックタイプのカラート...

30代を過ぎた頃から、何となく気になってくる白髪の存在は、年齢が上に見られそうで、女性ならすぐに隠してしまいたい気持ちになりますよね。隠そうとして分け目を変えて工夫しても、白髪の数がどんどん増えてくると、隠し切れなくなってしまいます。そうなると白髪染めを使うことを考える時期です。白髪染めには、過酸化水素水という脱色剤が入った化学反応方式の染め方と、そうでない脱色剤不使用のタイプがあります。脱色剤で...