白髪 タバコ

最近白髪が増えたのはタバコのせい?

「最近、白髪が目立つ」と感じる、あなたの白髪はタバコをたくさん吸っていませんか?白髪が増えたことを医師に相談すると禁煙をすすめられる場合があります。タバコは健康に害があることで知られておりますが、タバコの吸いすぎで白髪とはあまり想像がつかない方がいるのではないでしょうか?タバコと白髪との因果関係はこうです。タバコにはニコチンが含まれております。二コチンは交感神経活動を促進する力があり、血圧や心拍の上昇の影響で血管収縮をおこします。血管が縮むと、血液の流れが滞り結果的に毛母細胞やメラノサイトは栄要吸収がしにくい状態になってしまいます。

 

血管収縮をさせるのは、じつはニコチンが体内に入ると「コニチン」に変化し、コニチンが血管収縮をさせている原因です。コニチンは頭皮の血流悪化のほかにビタミンCを破壊します。その後、体外へ排出されますが大量にビタミンを失った体内はビタミンC不足を引き起こしてしまいます。ビタミンCは美容成分として頭皮や肌をトラブルの少ない良い状態に保ち、紫外線対策にも役立ちますのでタバコは女性の美容を妨げる原因になるといえるでしょう。そのためタバコを吸うと肌に悪いといわれているのです。

 

頭皮環境や皮膚を荒れないように保つにはビタミンCを積極的に摂取したいところですが、ビタミンCは水溶性のためこまめに摂取しないとなりません。体内に蓄積されるタイプではなく、2〜3時間で体外に排出される性質があるためです。ですから、食事などでこまめに摂取しタバコを控えることが頭皮やお肌のためにもなるということです。

 

タバコは薄毛や抜け毛の原因にもなることがあります。頭皮環境が悪くなりやすく、白髪も増えやすく髪のトラブルは深いかかわりがあるため、髪のトラブルでお悩みなら控えたほうが良いでしょう。

 

もし白髪が目立つようでしたら、頭皮に刺激のないタイプをおすすめします。トラブルが少なく髪に栄養を与えながら染めるタイプになります。短時間で染めることができると人気の白髪染めになります。