白髪 鉄分

白髪と鉄分の深い関わり

プルーンには鉄分が豊富

ズバリ、白髪と鉄分不足には深い関係があります。
(ただ、白髪のはっきりした原因は人それぞれ違いがあり、解明されていない部分も多いです)

 

女性に限らず、鉄分が不足すると貧血になりやすくなります。女性には生理があるため、男性よりも貧血気味な人は多いです。
いつも顔色がよくない、頭がクラクラしがちと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

困ったことに、鉄分は、身体に吸収されにくい&普段の食事から摂取しにくい栄養素です。

 

レバー(肝臓)やプルーンに多く含まれており、レバーは苦手な方も多いと思いますが、プルーンはドライフルーツでも食べることができるので保存も簡単、毎日食べる習慣を付けやすく、鉄分不足を改善するために最適です。その他に、鉄分が多く含まれている食材としては、パセリ、ほうれん草、ほや、あゆ、しじみ、海苔などがありますが、含有量が少ないので、それなりに量を食べる必要があります。

鉄分が不足すると…

鉄分が不足すると、貧血以外の症状として、爪が変形したり、白髪が増えたりといったトラブルが起こります。

 

鉄分は髪に栄養素を運ぶ役目をしており、食事の栄養バランスに問題があると血液が足りていても鉄分量が少ない状態になります。
つまり、血液の中に栄養が少ない状態になるため、ヘモグロビン(鉄が主成分)の量が通常よりも少なくなり、血液が酸素を運搬しにくい「鉄欠乏性貧血」と呼ばれる状態になります。

貧血を治せば、白髪も改善する!?

では、貧血を治すと白髪も改善するのでしょうか?
答えは、改善する場合もありますし、改善しない場合もあります。
なぜなら、白髪の原因が鉄分不足ではなく、ストレスなどの他の要因である場合もあるからです。
また、血液を作る身体の機能そのものを高めないと、一時的に貧血が緩和されても、根本的な白髪の解決にはなりません。

 

毛根の一番下にある毛乳頭が、酸素や栄養を毛細血管から吸収して健康な髪を育てます。血液中に鉄分が不足すると、運ばれてくるはずだった酸素や栄養が髪ではなく、生命の維持に必要な脳などに優先的に運ばれてしまいます。髪は血液の残り物で作られるとも言われますが、その意味はこのような仕組みから由来しています。
妊娠・出産で白髪が増える女性が多いのは、たくさんの血液が失われ、血が足りない状態になり、髪までしっかり栄養が届かなくなるからというわけですね。

 

なので、女性は特に鉄分を意識して摂取し(サプリメントなどを活用してもOKです)、血液中の鉄分不足を防ぐ必要があります。

 

 

でも、貧血の改善には時間がかかります

 

とは言っても、鉄分は毎日ずっと意識して摂取して、「そろそろ効果が出るかも…」くらいに不足を補うのが難しい栄養素です。鉄分不足を解消するまで相当時間がかかってしまいます。

 

そもそもなぜ、鉄分不足を補うのは難しいのでしょうか。

 

それは、ヘモグロビンの活動に深く関わっている細胞が赤血球だからです。
赤血球はヘモグロビンに酸素を供給する役割を果たしますので、足りなくなるとヘモグロビンが全身に行き渡らなくなり、鉄分不足に直結します。
そんな重要な役目を持つ赤血球ですが、実は、非常に壊れやすいという弱点があります。なんと「歩くだけ」でも壊れるほど(^_^;)

 

そのくらい赤血球はとてつもなく脆いので、日常のあらゆる刺激が赤血球の破壊につながってしまうのです。

 

このように、鉄分不足には即効性のある解決策がないので、摂取を心掛けながらも、白髪対策には白髪染めを使うしかありません。
ですが、もちろん、白髪染めでも赤血球は壊れます…

 

市販品の刺激の強い白髪染めを使い続けていては赤血球は壊れまくり。鉄分不足を解消するのはさらに難しくなります。当然、白髪は減りません。

 

そこで必要となるのが、”髪&頭皮に負担の少ない”白髪染め

 

”髪&頭皮に負担の少ない”白髪染めとして一番人気なのが、【利尻ヘアカラートリートメント】です。
利尻ヘアカラートリートメントであれば赤血球の破壊を最小限に食い止められますので、鉄分不足解消と同時並行して白髪ケアをおこなうことができます。

 

鉄分不足でお困りの方は、髪&頭皮に負担の少ない【利尻ヘアカラートリートメント】で効率よく白髪を染めましょう!

 

利尻 ヘアカラートリートメント特徴

【利尻ヘアカラートリートメント】で鉄分不足解消&白髪ケア!