白髪 食事

食事が原因?白髪が増えたとき

最近、若白髪で悩まれる20代全後の方が増えております。白髪になってしまう若い世代の方は何が原因なのでしょう?原因は、人それぞれですが、年をとったから仕方ないと思われがちな白髪は最近では10代や20代から生えているのが珍しいことではありません。この場合、加齢ではなく、食生活やストレスなどでが原因で白髪が生えやすくなります。

 

食生活は積み重ねですから、若くても、毎日栄養の偏りがあれば白髪になる確率は増えてしまいます。これは10代や20代だけではなく、どんな世代でも同じです。食事の栄養バランスを考えずにただ食べて過ごしていると頭皮の細胞に栄養が行かないため、白髪になってしまいます。特に女性に多いのがダイエットによる食事の偏りです。栄養が極度に少ないと髪の根元にあるメラノサイトでメラニン色素をつくることができなくなり、結果的に白髪になってしまうのです。

 

メラノサイトは、細胞が弱ると髪に色がつきにくくなります。このメラノサイトを元気にさせるのがカルシウムと銅になります。カルシウムは牛乳やヨーグルト、干し海老、小魚に含まれます。銅は牛レバーやシャコ、に多く含まれます。これらの食材を多く摂取することでメラノサイトの活性につながり結果的に白髪を防ぐことができます。

 

ミネラルでもあるヨードという栄養素も大切な役割を果たします。ヨードは細胞の代謝を活性化させたりメラノサイトの働きを活発にする作用があります。ヨード不足になると色素の生成が難しくなってしまいます。ヨードは昆布やワカメなどに豊富に含まれます。そのほかいわし、カツオなどの青魚にも多く含まれます。毎日外食や市販のお弁当ばかりという方は毎日スープや味噌汁などで食べる習慣を身につけ、忘れないように摂取してみましょう。毎日の食事は、髪の健康に影響しやすく、若い頃から不摂生ですと年齢が上がるにつれ後悔ということがないように毎日の食事には気をつけましょう。

 

白髪で困ったらまずは、低刺激で傷みにくい白髪染めからはじめてみてはいかがでしょうか?カラートリートメントは、これまで白髪染めで髪を傷めてしまっていた人にオススメです。