白髪 ストレス

白髪の原因はストレスかも!

現代社会では、ストレスをなくすのはとても難しいことです。大人になるにつれて、仕事や結婚、育児、介護など、さまざまなストレスが生活の中に大きく関わってきます。その影響が、体調や白髪として表れてしまう場合があります。白髪に関して考えられるのは、メラニン色素が足りなくなっていることです。日本人は髪が黒くなって生えてくるのが一般的ですが、メラニン色素の量が減ると白髪になって生えてきてしまいます。ストレスが白髪に影響する原因のひとつに、自律神経の乱れがあります。

 

ストレスがたまると、自律神経が乱れるために血流が悪くなることがあります。そうなると、頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなってしまいます。特にミネラルが不足するといわれています。そのため、毛母細胞でメラニン色素が作られる時に働きが不完全になり、白髪となって生えてきてしまうのです。

 

ストレスで白髪になるのを防ぐには、まず、できる限りストレスになっている原因を取り除くことです。原因が仕事などの場合は、簡単にはいかないこともあるでしょう。しかし、なるべく自分が楽しいと思える時間を作るなど、工夫次第でストレスを軽減できる場合もありますので、実践してみてください。さらに、大きなストレスを抱え込むと、睡眠不足になってしまいがちです。睡眠不足は健康を害するだけでなく、頭皮や髪の成長にも関係があります。髪は夜寝ている時間に作られますので、その時間にゆっくりとした気持ちで深い睡眠を取ることが大切なのです。寝る前に入浴して、リラックスした気分で床についたり、アロマテラピーの香りで心地よい空間を作って、深い眠りを誘ったりするのも良いでしょう。ストレスは、疲れがピークに達すると、さらに強く感じてしまう傾向があります。そうならないために、日頃からストレスをためこまず、発散するように工夫することも必要です。また、規則正しい生活を送ることで自律神経を整える作用がありますので、早寝早起きなどを心がけることも必要です。