白髪 仕組み

謎だらけの白髪の仕組みとは?

年を取るとどうしても身体に若い頃との違いが出てきます。シワやくすみ、など美容的に違いが出ます。そして髪もです。髪は白髪が増え見た目ではっきりと分かるため、白髪染めに切り変える瞬間は、なぜ若い頃はなかったのに今はこんなに、と最初は少しショックですよね。

 

毛乳頭のまわりには毛母細胞があります。メラノサイトという黒い色をつくる細胞があるのはここで、メラニン色素の製造工場のようなものです。しかしこの部分はメラニンをつくるときに大切な酵素がないと稼動が難しく、しだいに白髪になって生えてきてしまいます。

 

髪のしくみはこうです。毛乳頭が頭皮の内部にあり、頭皮に栄養のある血液が運ばれてくると毛細血管から毛乳頭に栄養素を取り入れ、髪は成長していきます。毛乳頭のまわりには毛母細胞があり、この部分に色素形成細胞(メラノサイト)があり、黒髪の色のメラニン色素がつくられます。

 

アミノ酸など必要な栄養を吸収すると、毛母細胞は細胞分裂を始めます。そして生成された髪は上に押し上げられて毛髪となります。また、成長する段階でメラニン色素が取り込まれ、黒髪になります。しかし白髪が生えてくるのは、メラニン量の不足によりおこります。この髪のメラニン色素は、本来皮膚にはありません。そのため食物からチロシンという物質を摂取し、メラノサイトを活性させることで白髪を防ぐことができます。白髪が増えるのはメラノサイトに元気がないことによるものです。メラノサイトの機能を活発化するには、チロシンをきちんと摂取しましょう。チロシンはチーズ、大豆、大豆、しらす、アボカドなどに含まれます。メラノサイトが吸収すべき栄養成分が少ない場合に白髪になることがありますので食事の内容には気をつけましょう。

 

白髪はそのままにせず白髪染めできれいなヘアスタイルを保ちましょう。白髪染めのカラートリートメントの魅力はたくさんあり髪をいたわる女性に人気の白髪染めです。なんといっても髪が傷みにくく自宅で誰でも簡単に低コストで白髪染めができてしまうことです。