白髪 多い 原因

白髪が多いと気になる年代と原因

白髪が増えるのは40歳前後で、それまではまばらだった白髪が急に増えたと実感するのがこのあたりといわれています。自分で気がついた時には、すでに多くの白髪が生えていることが多いですから、見つけた時のショックは大きいですよね。白髪はあまりうれしいものではないですから、白髪染めで染めてしまいたい、隠したいという気持ちになるのは当たり前のことです。

 

つい最近までは黒髪で、ヘアカラーをしていたのに、ヘアカラーでは対処できないと気がつくのが40歳前後のことが多いのです。白髪は最初、生え際や分け目に目立ちやすく、その後年齢とともに全体的に目立つようになってきます。広い範囲に白髪が見えるようになったら、白髪染めで染めるのがいいでしょう。ヘアカラーだと、どうしても白髪が染まらず、キラキラ光って白髪が強調され、かえって目立ってしまうのです。

 

白髪が多くなる原因には、加齢、ストレス、遺伝、病気、栄養不足などが考えられます。若い時から白髪が多くて、早い時期から白髪染めをしている人がいる一方、年をとっても黒髪が多い人もいます。白髪は生え方に個人差があることから、原因を断定することはできませんが、白髪になる過程では、メラノサイトが減ることで髪に色がつかなくなります。メラノサイトは加齢により減っていくので、年をとると白髪が多くなる傾向が強まります。

 

しかし、何らかの原因でメラノサイトが減ってくると、若くても白髪になってしまいます。その原因は、ストレスや過度のダイエットであることが多く、生活習慣をを整えることで白髪を抑制できることが多いのです。

 

短時間で染めることができる白髪染めのカラートリートメントがあります。傷んだ髪を補修しながら、短時間で白髪を染められるため、忙しい毎日を送る女性に注目されています。白髪は食生活を整えたりすることで減らすように心がけることも大切です。しかし、簡単に染めることができる白髪染めで隠すことも、明るいヘアースタイルを維持するためには必要ですね。