白髪 抜いてもいい?

白髪は抜いてもいい?

白髪を見つけると、つい抜いてしまいたくなりますよね。抜いてもいい?と考える方は多く、実際に抜いてしまう方も少なくありません。果たして、白髪を抜くとどんな影響があるのでしょうか。

 

髪を引き抜く影響で、頭皮に炎症を起こす場合があります。無理やり引っ張ることで、毛穴の周辺の皮膚が傷になってしまい、傷みの原因にもなります。繰り返し白髪を抜いていると、毛母細胞にダメージを与え、毛乳頭を傷つけてしまうきっかけになります。毛乳頭や毛包幹細胞が弱ると、薄毛の原因になることも考えられます。白髪は染めることで解消できますが、髪が抜けてしまっては、さらに大きな悩みの原因になりますから、注意が必要です。そのため、白髪を抜く行為はおすすめできません。白髪が生えて気になるようなら、抜くのではなく、小さめのはさみなどでカットするようにしましょう。白髪は、メラニン色素を作る働きが、年齢を重ねることで鈍くなって発生するものです。色素が作られにくくなることで、髪は白髪になって生えてくるのです。抜いたからといって、黒い毛髪が生えてくるわけではありませんので、白髪は極力抜かないようにしましょう。

 

しかし、はさみでカットするのにも限界があります。白髪の数が少ないうちは対応できますが、多くなってくると大変な作業です。また、白髪は短くカットするとピーンと立つ傾向があるため、目立ってしまうこともあります。そうなってきたら、白髪染めに切り変えることをおすすめします。

 

白髪染めには大変便利なタイプのものが多くなりましたので、好みのものを選んで使うことができます。最近では強いにおいがあるタイプよりも、地肌や毛髪への負担がかかりにくく、においも少ないタイプのものに人気が集まっています。頭皮のかぶれやヒリヒリした感触を体験した人が、使用感に不満を感じて、新たなタイプの白髪染めを求めるケースが増えているからです。カラートリートメントのようなタイプが注目されているのです。