白髪 自分で染める

自分で簡単に白髪を染めたいけど上手く行かないときは?

自分で白髪染めをしようとチャレンジしたことのある方、実際やってみてどうでしたか?なかなかうまく染められなかった方はやはり白髪がうまく染まらなかった、ムラになっていて洗い流して乾かしたら思い通りに染まっていなくてショックだったという方が多かったのではないでしょうか?

 

確かに自分で白髪染めをするのは難しいことです。従来のタイプで、白髪をハケやクシで塗るタイプや絞るとクシから白髪染めが出てくるタイプとさまざまです。後ろ側は鏡で見ることができない影響で難しいでしょう。それで自分で染めるのは、と敬遠している方も多いのではないでしょうか?それに美容院で白髪染めをしてもらえば確かに上手に手際良く染めてもらうことはできます。しかし、時間とお金に余裕がないと難しい問題です。白髪染めはできれば自分で時間のあるときに、そして、コストがかからないものを探している方が増えております。そして欲をいえば髪や頭皮にダメージの行かない低刺激タイプです。

 

しかし、ドラッグストアで香りが少なく、手頃な値段の白髪染めを購入してみても、ムラが出たり髪がゴワゴワしてダメージが気になったりということがあります。そんなときはトリートメントタイプの白髪染めをおすすめいたします。自分で染めてもムラになりにくく、コストの軽減に役立ちます。さらにダメージを与えるどころか髪に水分と油分を与えることで潤いが増し、短時間で染めることができるため使用者にとっては嬉しいタイプの白髪染めになります。メーカーも最近は商品開発が進み、多くのカラートリートメントが製品化され、販売されておリます。このカラートリートメントの大きな特徴は植物由来の成分にこだわっている点です。どうしても化学反応で染める強い成分は、かなり髪に与えるダメージは厳く、髪の傷みを気にしている方にはあまりおすすめはできません。キューティクルを傷ませないタイプのカラートリートメントは美容成分を惜しみなく使用し、髪に嬉しい成分でできているためおすすめの白髪染めになります。