薬の副作用と白髪の関係

薬の副作用で白髪は生えてくるの?

薬と副作用を疑う女性

 

薬による副作用と白髪になることは「直接的」には関係ない!

 

結論から言ってしまうと、薬の副作用が直接、白髪の発生(増加)につながることはありません

 

ただし、「病気の影響」で白髪が増えることはあります。
そのため、現在、病気にかかっていて薬を服用している方は、白髪が生えやすくなってしまうのです。病気の場合、白髪が急激に増えることも多いので、薬の副作用だと思われるかもしれません。が、本当は「病気そのもの」が原因なのです。
あるいは、薬を飲み始めたタイミングと年齢的に白髪が生え(増え)始めるタイミングがたまたま重なっただけ、とも考えられます。

 

また、「病気の影響」だけでなく、「ストレス」も大きく影響します。
とくに病気になるとストレスを感じやすくなるため、白髪が急激に増えてしまうことがあります。それも薬の副作用だと勘違いされがちです。

 

要は、白髪を減らすには「病気を治すこと」を優先すればよいのです
今、病気にかかっていて薬を服用している方は、病気を治し、薬を飲まなくてもよい状態に戻しましょう。白髪について悩むのはそれからでも遅くありません。
病気が快復に向かうにつれ白髪が減ってきた、という話はよく聞きますし、あまり深刻に考え過ぎないことが解決への近道です

 

 

 

白髪が生える原因はさまざま

 

病気やストレスだけでなく、栄養不足や睡眠不足、運動不足なども白髪発生の要因になります。
体を冷やさないようにして、新陳代謝を高め、血流を良くすることがもっとも効果的な白髪対策です。頭皮のマッサージを定期的に行うのがオススメですよ。

 

白髪を含め体に何らかの異常が出るのは、体からの「サイン」とも言えます。体のどこかに問題があると体自身が警告してくれているのです。
加齢以外で白髪が増える場合は、間違いなく身心が不健康、もしくは危険な状態です。

 

とにかく、どんな時でもストレスを溜めすぎないことが一番です
生活習慣を改善して、ストレスは定期的に発散する。
これだけで十分な白髪予防になります。

 

しかし残念ながら、生えてしまった白髪は染めるしかありません
白髪が生えないようにするには何よりも予防が大事。出来る限り増やさないように努めましょう。
どうしても白髪が気になってしまう時は、カラートリートメントタイプの白髪染めでいたわりながらで隠してしまうのが良いです。
カラートリートメントタイプの白髪染めなら、頭皮や髪の毛への負担も少なく、体への悪影響もありません。

 

気になるところは白髪染めを使う。
これから生えてくる髪の毛のために健康に気を遣う。
外からも内からもケアするのが最高の白髪予防法です。

 

 

まとめ

 

  • 薬の副作用として明確に「白髪が生える」という結果につながることはありません
  • 病気の影響やストレスが原因で白髪が急激に増えることはあります
  • 健康的な生活を送るのが白髪予防に最適
  • 白髪は、負担の少ないカラートリートメントタイプの白髪染めで染めましょう

 

 

 

オススメのカラートリートメントタイプの白髪染め

 

利尻 ヘアカラートリートメント
  • 髪や頭皮に負担なくキレイに染まり、ニオイが気にならない白髪染め
  •  白髪染め独特の刺激臭が苦手な方にオススメです

利尻商品

 

ルプルプ ヘアカラートリートメント
  • “肌へのやさしさ”がバツグンの白髪染め
  •  アレルギー体質の方や敏感肌の方にもオススメです

ルプルプ商品

 

 

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー
  • 白髪を染めながら、「ヘッドスパ」もできる新感覚の白髪染め
  •  頭皮ケアで髪の根元から気持ち良く染めたい方にオススメです

レフィーネ商品