白髪 原因

なぜ生える?白髪の原因

白髪で悩む女性

白髪は、とてもやっかいな存在です。
白髪があるだけで、気にはなるし、憂鬱な気分にもなりますよね。

 

男女問わず、白髪が生えて嬉しいと感じる人は、いないのではないでしょうか?

 

白髪が生えてくるのには、それなりの原因があります。生まれたばかりの赤ちゃんに白髪があることは珍しいですが、大人になって年齢を重ねるにつれて、白髪が生える確率はどんどん上がっていきます。

 

一定量の白髪が生えるとどんどん増えていく傾向がありますので、白髪が生えてきたら染めればいいと考えるのではなく、「どうして白髪が生えてしまうのか」といった原因を考えて対策することが大切です。

 

毛髪を作るためには毛母細胞が活躍します。毛母細胞は、毛乳頭から栄養を吸収して、細胞分裂をすることで毛髪を作り出します。日本人の場合は黒色が多く、色素細胞のメラノサイトがメラニンを作る過程で黒い髪になります。しかし、メラニンがうまく作り出せないと白髪のまま生えてきてしまうのです。

 

では、メラノサイトが作れなくなるのはなぜなのでしょうか?
それにはさまざまな原因があります。

白髪は遺伝!?

まず考えられるのは、遺伝の影響です。
はっきりと解明されてはいませんが、白髪には遺伝的要素が関係していると言われています。

加齢

次に挙げられるのは、加齢によるものです。
年齢を重ねることで色素細胞(メラノサイト)の機能が低下し、細胞の活性が弱まることで、35歳ごろから白髪が目立ち始め、50代では大半の方に白髪が見られます。
もちろん、白髪の量には大きな個人差があります。

生活環境や生活習慣の乱れ

生活環境や生活習慣の乱れも頭髪に影響を及ぼします。
髪が最も成長するのは、午後10時〜午前2時のあたりです。副交感神経が活発になるこの時間帯に深い睡眠を取ることで、髪にも栄養が行きわたりやすいとされています。
睡眠不足は、お肌だけでなく、毛母細胞にも悪影響を与えるということですね。

ストレス

ストレスの影響も大きいです。
過度&継続的なストレスは、髪の育成を阻害し、元気な髪の毛の成長を妨げます。

病気

マラリアや貧血症などの病気の影響でも、白髪が増えることがあります。
急激に白髪が増えてしまったという場合には、最初に医師の診察を受けることを考えましょう。

 

悩むよりも早めの白髪ケア!

>>パラベン不使用の白髪染め<<