白髪 女性ホルモン

白髪が増えたのは女性ホルモンが関係している!?

白髪が多い40代女性の頭皮

女性には白髪が増えやすい時期があり、それは多くの場合、女性ホルモンが影響しています。妊娠・出産、育児の疲れ、ダイエットが一時的に白髪に影響することもありますが、多くの方が感じるのは加齢によるものと更年期の時期です。

 

女性ホルモンが低下するために起こる症状は更年期障害といい、この時期の女性は白髪が増えたと感じやすい時期です。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、髪に影響する方はエストロゲンになります。エストロゲンが更年期の時期に低下すると白髪が増えたり、抜け毛が進行したりする場合もあります。感じやすい症状としては、白髪のほかに、のぼせやほてり、肥満、うつ病、自律神経失調症、糖尿病などがあります。

 

不調を感じやすい時期ですので、今まで以上に体調管理に気を付ける必要があります。

 

「髪の毛の調子が良くないかも…」と感じた時はエストロゲンを増やすことが大切になってきます。更年期の出やすい時期は、平均的に40代後半から50代前半ですが、最近では20代や30代のうちから何らかの影響でホルモンのアンバランスが生じ、自律神経の働きが乱れることがあります。

 

この症状を若年性更年期障害といいます。この状態になると白髪が若いうちから目立ち始め、白髪に悩まされることになります。

 

年齢を重ねていく過程で、女性ホルモンの分泌に変化が起きるのは、自然現象ですので仕方のないことです。

 

そこで、女性ホルモンの分泌を活性化する大豆製品を毎日食べることにより、大豆イソフラボンの効果を借りて、女性ホルモンの分泌量を上げることが重要です。ほかに、マカも同じような効能があることで知られています。
納豆は身体に良いですし、食事やサプリメントで女性ホルモンの衰えに対抗していきましょう。

 

 

↓↓↓女性ホルモンを気にしつつも今からできる白髪対策をしよう!↓↓↓

 

トリートメントタイプの白髪染め
【利尻ヘアカラートリートメント】

利尻ランク

詳細はこちらの記事で

 

【ルプルプ ヘアカラートリートメント】

ルプルプランク

詳細はこちらの記事で

 

【レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー】

レフィーネランク

詳細はこちらの記事で