白髪 できやすい人

白髪ができやすい人はなぜ?

白髪になりやすい年代でなくても悩みや大きなストレスを常に感じていたり、生活習慣の影響だったりで白髪が増えることは考えられます。苦労が多いと白髪になると昔からいわれたものです。

 

そもそも、メラニン色素がつくられないと髪に色素を入れることができないため白髪が増えやすくなってしまいます。メラニン色素はメラノサイトと色素細胞でつくられます。苦労やストレスの影響でメラノサイトが一度に減少することは今のところ分かっておりません。しかし睡眠不足や食欲不振を起こしやすい大きなストレスを抱え込んだり病気になってしまったりした場合、血行不良や栄養が髪にまで行き渡らないことがあります。そうなると白髪ができやすく、メラノサイトがうまく活動できないことから白髪が自然にできやすくなってしまいます。

 

メラノサイト、チロシナーゼ、チロシンは白髪に深い関わりがあります。酵素でもあるチロシナーゼは、年々年を追うごとに減る傾向がありチロシナーゼが足りないとスムーズにメラニン色素を作り出すことは難しくなります。なぜならチロシナーゼはメラニンを生成するときに必ず必要になる物質だからです。髪の色はメラニン色素が十分に足りていないと白髪になってしまいます。このチロシナーゼやメラノサイトの関わりの深い食品を摂取することでこれらの働きをサポートすることができます。例えば海藻類に多く含まれるヨードです。ヨードはメラノサイトを活性させることで知られております。こんぶやひじきなど毎日適量を味噌汁などで摂取するように心がけることが大切です。

 

チロシンが不足していても、メラノサイトが働いても黒髪にはなりません。チロシンは食品が空気に触れ、チロシナーゼという酵素の働きでメラニンになります。ストレスを軽減させる作用があり白髪ができにくくなります。チーズやアボカド、りんご、バナナ、カツオ、アーモンドなどに含まれます。これらの食材を摂取することで白髪の予防にも繋がります。

 

カラー トリートメントのように無添加で植物由来の成分でつくられた白髪染めは安心感を与えます。そのため注目度も大きく、おすすめの白髪染めになります。