白髪 亜鉛

白髪と亜鉛の関係性について

髪の毛には亜鉛が良いと聞くことがあります。白髪にも亜鉛は影響しているのでしょうか?髪の主成分はタンパク質ですが、タンパク質だけをいくら摂取しても髪の毛にはなりません。亜鉛を同時に取らなければ、白髪や薄毛などの髪のトラブルの改善にはならないのです。亜鉛は、白髪にも大きく影響していることがわかりますね。

 

亜鉛はタンパク質で髪の毛を作る過程で補酵素として働くため、髪の生成に欠かせない栄養素です。太く活き活きとした髪を作る栄養素には、亜鉛、タンパク質、ビタミンがあります。この中のどれかが不足すると、健康な髪が生えにくいといえます。栄養不足になると、黒髪が生えるはずであっても白髪になるケースがあるということなのです。亜鉛は口から摂取することでしか取り入れることができません。ヘアケア商品などで髪に亜鉛を塗り込んでも意味がないため、亜鉛を含む食事を取るように心がけましょう。

 

亜鉛を多く含む食材には、牡蠣、うなぎ、納豆、レバー、ナチュラルチーズ、鶏もも肉、牛もも肉、ナッツなどがあります。亜鉛を含む食材を意識して取ることで、食事の栄養バランスが整いやすくなります。

 

亜鉛は、クエン酸、ビタミンCとともに摂取することで、体内に吸収される率が上がります。レモンや梅干しなどに含まれますので、亜鉛を含む食材と一緒に摂取するようにするといいですね。亜鉛はサプリメントで摂取する方法が手軽で簡単ですが、サプリメントの場合は、過剰摂取にならないように注意が必要です。亜鉛を摂り過ぎると吐き気などの副作用が出る場合もあるからです。

 

亜鉛が消費されやすい理由には、ストレスや疲労、激しい運動などがあります。疲れている時に消費されやすいことが分かりますね。食事の質によっても、充分に摂取できていない場合があります。毎日外食やコンビニで食事を済ませている人は、亜鉛が不足していることが考えられます。そのため、亜鉛を意識して摂取することをおすすめします。