白髪染め 授乳中

授乳中の白髪染めの影響とは?

妊娠して無事に出産を終えると、ママだって白髪が気になり白髪染めをしたいと感じるのではないでしょうか?授乳中の白髪染めはママの体調やおっぱいの成分などに影響があるのでしょうか?

 

授乳中の時期のママの体内は女性ホルモンが働き、おっぱいが出ています。妊娠中は体内に赤ちゃんがいるため、栄養が吸われてしまう影響で白髪が増えてきたと感じる方が多いのですが、白髪が気になっても体内にいる赤ちゃんに白髪染めの薬品はおすすめできず、ニオイの影響で気分が悪くなることも考えられます。しかし、授乳中となると条件が変わるので悩みます。出産が終わるとママは子育てをしながらでも、ヘアスタイルが気になり、白髪が目立ち始めると早く白髪染めをやりたいと考えます。白髪が気になったらどのような対策がいいのでしょうか。

 

トリートメントタイプの白髪染めは自然派成分など肌に負担の少ないタイプが主流です。植物由来の成分なら産後の授乳中のママでも安心して白髪を染めることが可能になります。このカラートリートメントタイプは市販品の刺激的なニオイのある白髪染めと違って、髪の表面を色付けるタイプで母乳にも影響がないため、ママに人気の白髪染めです。髪の内部からしっかりと染めるタイプではありませんが、色素でコーティングするタイプだから安心して使用できます。

 

しかし産後の体調はママによって違いがあります。髪の内部に色素が浸透するタイプの白髪染めを使いたいという方もいるかもしれません。しかし頭皮に刺激が強いタイプの白髪染めは、妊娠中や授乳中にお使いいただけますとは書いてありません。これは使ってどうなるという臨床実験をもとにした長年のデーターが存在しないため、安全とは言い切れないということです。

 

授乳中は髪が抜けやすい時期でもあり、シャンプーの際に排水溝が詰まるほど抜け毛で悩まれる方も多いため、そのような場合は控えられたほうが無難です。どうしても白髪を染めたい、染めないとストレスを感じるなどで白髪染めをやりたいという場合は、医師に相談して決められることをおすすめします。