白髪染め 若者

白髪染めに頼る若者が急増中?!

白髪と聞くとおじいさんやおばあさんの髪というイメージがありましたが、そんなこともありません。若者にも白髪はあり、小学生から白髪が多い子供がいるくらいです。一般的には白髪は30代あたりから増えて行くのですが、遺伝の関係やストレス、そして食生活の影響などの条件が重なることで白髪の多い若者はたくさんいます。

 

若者の白髪の場合は、加齢による色素細胞が原因になっているケースよりも、ストレスが影響するケースが多くなっています。ストレスや大きなショックを受けると白髪が一気に増えるイメージがありますが、若者の白髪はそのようなストレスとは違い、学校やストレス社会にもまれる影響がほとんどです。ストレスを溜めやすい性格だったり、うまく解消できないでいると、自然に白髪が増える原因になることもあります。ストレスを受けると毛細血管が収縮してしまうことで頭皮にある毛母細胞の働きが弱まるため、毛髪に影響を及ぼして白髪が増えることになります。

 

最近では、栄養不足がもとで白髪が増えている20代が多いといいます。ファストフードやコンビニの食事が主になるってしまうと、野菜不足などで栄養の偏りが深刻になってしまいます。髪へのダメージより20代でも白髪が増えているのなら、生活習慣を改善するために食事をはじめ、早寝早起きや適度な運動など健康に気を使うようにしましょう。

 

若い女性でも無理なダイエットが影響して、毛母細胞に栄養がきちんと行き渡らないことで頭皮にダメージを与えている若者も増えています。毛母細胞は血行が悪いだけでも栄養が行き渡りにくくなるため、頭皮環境の改善は食生活に大きな影響があります。無理なダイエットは健康な髪を維持するためにもおすすめできません。

 

ビタミンやタンパク質、亜鉛、ミネラルなど、頭皮に栄養がいく食生活を毎日送ることが、健康な髪を維持するために大切です。毎日の食事はなるべく手作りで野菜をたくさん摂取する心がけが大切です。