白髪染め 薄毛 女性

薄毛になりにくい女性の白髪染めは?

1本目についても気になってしまう白髪。目立ってくると、すぐにでも白髪染めをしたいという気持ちになるものです。しかし、白髪染めは使い方を誤ると薄毛や薄毛の原因になる頭皮のかぶれなどのトラブルが起きることもあります。白髪が染まれば良いのではなく、頭皮のケアも考えて白髪を染める心得が必要です。頭皮ケアもセットで白髪染めを考えてみませんか?

 

白髪染めを自分で行うときは白髪染めの商品を慎重に選ぶ必要があります。白髪染めのなかには、頭皮に刺激が強いものや、自分には合わないタイプの白髪染めもあります。一般的には、白髪染め自体が薄毛にはなりにくいと言われていますが、人によって刺激が強く感じたりするものもあるので一概には言えません。特に2剤式の白髪染めの場合は刺激が強いため、アレルギー反応を確かめる白髪染めを行う48時間以内に毎回パッチテストで異常が出ないか確認がしなければいけません。アレルギー反応の症状はさまざまで、頭皮や髪の生え際などにかゆみやかぶれ、発疹が出たり、ひどい場合は呼吸困難などの発作が出る場合もありますので細心の注意が必要になります。毎回使っていた白髪染めでも、ある日突然アレルギー症状が出てしまうこともあります。

 

その点、2剤式の白髪染めではなく、カラートリートメントの場合は頭皮に与える影響が少なく、アレルギー反応を引き起こすジアミン系化合物が入っていないため、パッチテストを行う必要がありません。髪や頭皮のダメージが少ないため、薄毛になる心配も少ないのです。白髪染めが薄毛にあまり影響を与えないのなら、毎回使うのも安心ですね。白髪はヘアをより美しくするために行うのですから、薄毛は避けたいトラブルです。頭皮は健康な髪を作る土壌になり、その土壌が白髪染めの影響で荒れてしまうと、健康な髪を作るサイクルを狂わせてしまいますので気を付けないといけません。せっかく白髪の悩みが解消しても、薄毛の悩みが増えてしまっては大変です。そんなことにならないように刺激の少ないカラートリートメントをおすすめいたします。