白髪染め うまく染める方法

一人で白髪染めをうまく染める方法

一人でもうまく染めるには

 

白髪染めは一人では難しい?

 

白髪染めって面倒ですよね。

 

時間も手間もかかるし、うまく染まらないことが多いし、ニオイは気になるし、髪以外が染まってしまうし…。

 

やりにくい部分は家族に頼む?
それとも、毎回美容室で染める?

 

どれも現実的ではありません。

 

一人でうまく白髪を染めるには、一番は「慣れ」てしまうことですが、ちょっとしたコツや工夫を心掛けるだけでも全く違う仕上がりになります

 

以下の方法を試してみてください。

 

一人でうまく染める方法
  • 髪をキレイに洗う
  • 整髪料や汚れがついていると、染料が髪になじみにくくなります。しっかり洗い流しましょう。シャンプーの洗い残しにも注意。

  • たっぷり付ける
  • 白髪が多いところからたっぷり塗布していきます。中途半端に節約しようとすると、きちんと染まらずに逆に無駄使いしてしまうことに。染まりにくいところにも入念に塗布しましょう。

  • 髪を温める
  • 髪がホカホカする状態くらいにぬるま湯で温めておくと、染料がなじみやすくなります。塗布後は、食品用ラップや蒸しタオルで包むとさらに効果的です。

  • 放置時間を延ばしてみる
  • 単純に染めて置く時間が短いと染まらないこともあります。普段より10分〜15分延ばしてみましょう。

 

白髪染めが難しいかどうかは、「白髪染め」の問題

利尻ヘアカラートリートメント

 

一人でうまく染めるために最も重要なのは、当然「白髪染め」です。

 

短時間でよく染まる!が売りの安い市販品を使っていませんか?

 

確かに染まりはするかもしれませんが、きっちり染まり過ぎて逆に不自然。
よく染まるということは、その分、髪や頭皮への負担も大きいということ。
市販の質の低い白髪染めを使い続けていては、どんどん髪が傷んでいって、より白髪は染まりにくくなります。

 

どんなにコツをつかんでも工夫をこらしても慣れたとしても、白髪染め自体がダメでは意味がありません
将来的には、白髪染めを使えないほどに髪がボロボロになってしまう危険性もあります。

 

白髪染めは『カラートリートメントタイプ』のものを使いましょう。

 

『カラートリートメントタイプの白髪染め』『一人でうまく染める方法』を取り入れれば、必ず一人でもラクに白髪を染められるようになるはずです。

 

白髪染めがうまく染まらなくて困っている方は、ぜひ実践してみましょう。
「白髪染めは難しくて面倒」というのは、“思い込み”です。

 

 

イチオシのカラートリートメントタイプの白髪染めはコレ!
利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント
まずは試してみましょう。利尻についてこちらの記事で詳しく解説しています。