白髪染め 頭皮 影響

白髪染めの頭皮への影響

強烈なにおいの白髪染めがあります。染めている時に部屋中に充満するにおいの原因である酸化剤は、頭皮に影響を及ぼし、毛根を弱らせてしまいます。過酸化水素が含まれている影響でツーンとくるにおいがするのは、白髪染めに含まれる脱色剤で、頭皮にはかなり刺激の強い成分です。

 

どうして頭皮に影響があるのかというと、酸化によって活性酸素を発生させるためで、毛根が弱って抜け毛の原因になることもあります。白髪を染めていたら抜け毛が増えてしまったという話を耳にすることもあります。毛根を弱らせてしまうのでは、白髪は染まってもほかの悩みが増えてしまいますよね。そうならないためには、白髪染めの成分について詳しく知るのも必要なことです。

 

過酸化水素とは、白髪染めに含まれる成分で、髪の黒い色素であるメラニンを脱色する働きをします。黒髪の部分はそのままで、白髪に入れる色を合わせるとすると、黒髪と同じ色にすることになります。もっと明るい色に染める場合は、まず黒髪を脱色する必要があります。そうすることで白髪と黒髪のバランスが取れたように染まります。しかし、過酸化水素は刺激が強い成分のため、髪が傷みやすく、頭皮にもかぶれが生じやすくなってしまいます。体調の悪い時などは、アレルギー反応を起こしたことがない人でも、ヒリヒリするという場合もありますから、頭皮への影響もかなりのものだと考えられます。

 

白髪染めでいつもと違う兆候が感じられたら、刺激が少ないタイプの白髪染めに変えることを検討するのも大切なことです。トリートメントタイプの白髪染めなど、頭皮に優しいものもありますので、試してみるのもいいでしょう。刺激の強い白髪染めは、長期間使い続けることで頭皮がはれてしまったり、抜け毛の原因なる可能性もあります。カラートリートメントなら、植物由来の成分で作られており、髪に栄養を与える成分も配合されています。髪の傷みが気になっている方にも、おすすめできる白髪染めです。