白髪染め タイミング

白髪染めに適したタイミングとは

女性の白髪はデリケートな問題なので、みんな白髪はどうしてるのか気になりますね。白髪は私だけ?と感じてしまう悩みですが、実はみんな白髪には悩むものです。子どもの頃から出ている方もいれば、大人になってもあまり出ないなど意外と個人差があります。でも白髪はなるべく隠しておいて、見られないうちに白髪染めでキレイに染めて若々しさを保っておきたいのが女性の心理です。

 

年齢と共に出現しやすい嫌な白髪は自分で染める場合、ある程度知識がないとどうしたら良いか分からないものです。白髪を染めるタイミングは何歳くらいからで、どの位の頻度のタイミングで行ったら良いのでしょうか?

 

女性にとって、カラーリングから白髪染めに切り替えるタイミングは難しい問題ですが、ヘアスタイルを普通にしてもまばらに目立つようになったら白髪染めに切り替える時期です。白髪を染めるタイミングは○歳という決まりはありませんので、目立ってきたらその時が一番理想的な白髪染めの時期です。

 

髪をかきあげたときや、つむじのあたり、生え際など普通のヘアスタイルでも白髪が見え隠れしたらすぐに白髪染めをするのがオススメです。白髪があると印象が変わり、年齢よりも上に見えるのは女性としてあまり嬉しいものではありません。自分で白髪が気になったら、好みに応じて明るい茶色やダークブラウン、ブラックなどにして自分らしい髪型にするのも良いでしょう。

 

そして、白髪は伸びてきます。黒髪と同様のスピードで生える白髪は再度染める必要があります。伸びた部分だけ白くなった髪は、放置しているととても目立つ存在となり、その白髪の量によって染める頻度に違いが出ますが、一般的には2〜3ヶ月と言われています。でもこの頻度で染めると根元がかなり目立ってしまい、白髪を目立たなくするためにもっと早い間隔で行ってしまうと、髪や頭皮を傷める原因になってしまうのであまり良い方法ではありません。短い間隔で行う場合は、最初からカラートリートメントをお使いいただくことをおすすめします。カラートリートメントは1週間に1回や毎日など間隔を短く白髪染めができるタイプだからです。