白髪染め 縮毛矯正

白髪染めと縮毛矯正は同時にやってOK?

白髪染めをしてきれいにヘアを整えるのなら、同時に縮毛矯正もやってしまい髪の毛をセットしたいと思われる方がいるのではないでしょうか?しかしキレイなヘアスタイルを維持したい気持ちは分かりますが、白髪染めも縮毛矯正もどちらも髪にダメージを受けそうな感じがしますが実際のところはどうなのでしょう?

 

白髪染めと縮毛矯正を行う場合は、間をあけてやる必要があります。白髪染めと縮毛矯正は両方を一度にやると、髪が傷んでしまうことがあります。縮毛矯正をやった直後で使用した薬剤が髪に残っていると、染まりにくくなりムラが出てしまうなどの状態になることもあります。せっかく白髪染めをしたのにもかかわらず、色が落ちてしまっては意味がありません。そのため、最低でも2週間はあけるようにして、同時に行うことは避ける必要があります。また、縮毛矯正だけではなく、パーマをする場合も同じように間隔をあけましょう。もし髪に負担をかけたくないのであれば、カラートリートメントタイプの白髪染めを使われてみてはいかがでしょうか?

 

天然の原料からできているものが多いカラートリートメントタイプは、こまめに白髪染めを行うようになります。髪のケアをしながら白髪が染まるので、髪の傷みを気にする方におすすめの白髪染め方法です。使うたびに髪に栄養と潤いが与えられ、健康な髪質に満足ができる状態になります。

 

白髪染めと縮毛矯正を間隔をあけて行う場合に、どちらを先にやるとキレイなヘアスタイルを維持できるのでしょうか?実は縮毛矯正と白髪染めを短い間隔でやるにはおすすめの順番があり、どちらを先にするかでカラーのもちが変わってきます。縮毛矯正を優先したいのであれば、白髪染めを先に行いましょう。白髪染めを優先させたいのであれば、縮毛矯正を先にやることで仕上がりが多少変わってきます。先に行う方の薬液が後から行う方の薬液で落ちてしまいやすい影響があるので、優先させたい方を後でやるようにすれば良いのです。