白髪染め 子宮 影響

白髪染めの子宮への影響とは

女性にとって髪は大切な存在です。その髪が白髪だらけになってしまったらショックですよね。白髪を染めなければいけないと、多くの女性が考えるのも当然のことです。しかし、白髪染めの成分を考えずに、刺激が強いタイプの白髪染めを長期間使っていると、女性の場合は頭皮だけでなく、子宮にまで影響が及ぶと考えられています。

 

白髪染めに含まれる酸化染料は、かぶれや湿疹、アレルギー反応を引き起こす恐れがあります。そして、女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫などにも、深い関連があるといわれています。もちろん、白髪染めを使ったからといって、すぐに病気になるということではありませんが、長期間使い続けることで、子宮などさまざまな部分に影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

 

どうして、白髪染めに含まれる酸化染料が病気を引き起こしてしまう場合があるのでしょうか。刺激の強い白髪染め、シャンプー、リンスなどは経皮毒といわれます。人間は、皮膚からも体に害のある成分を吸収してしまうのです。その上、口から入ったものよりも、皮膚から吸収されたものの方が、体に与える影響が大きいといわれています。口から入った場合は、肝臓で約9割が処理されて排泄されるのですが、皮膚から吸収されたものは約1割しか排泄されないため、子宮などに害を及ぼすといわれているのです。

 

この吸収率は、皮膚の表面温度が上がるほど、さらに高くなるといいます。白髪染めをお湯で洗い流すことから、頭皮の温度が上がって、経皮毒の吸収割合も上がる恐れがあるのです。白髪染めに含まれるジアミンなどのアレルギー物質が、長期間使用することで体内に蓄積されていくと考えると、ゾッとしてしまいますよね。そうと分かっていれば、害の少ない白髪染めを使いたいと考えるのではないでしょうか?体に害の少ないものを使いたいと考えているのなら、白髪染めの成分にこだわって探してみることをおすすめします。