白髪染め 生理中

生理中に白髪染めをやっても大丈夫?

ドラッグストアでもホームセンターでも普通に手にはいる白髪染めやヘアカラーには取り扱い仕様書が必ず入ってきます。その中に、生理中の使用を控えるようにと記載されていますが、生理中に白髪染めをするとトラブルが起きるのでしょうか?

 

生理中はホルモンバランスが変化して肌が過敏に反応するため、白髪染めは控えたほうが無難です。皮膚トラブルなどのリスクが高まる可能性があり、かぶれやヒリヒリする症状がいつもよりの強く出てしまう場合がありますのでできる限り避けたほうが賢明です。

 

生理中の女性のカラダは女性ホルモンの影響でコントロールされているため、肌が荒れやにきびが増える、かゆみが強く出るなど、さまざまな変化が起きます。肌と頭皮は同じで体調不良でじんましんが出るときに、体と頭皮が同時に出たりすることも珍しくはありません。女性ホルモンの分泌による影響は思っているよりも作用する場合があるので、頭皮に刺激の強いタイプの白髪染めはあまりおすすめできません。

 

生理の時期は白髪染めがムラになって、染まり具合があまりキレイにでないと言われています。女性ホルモンの変化の大きい時期は頭皮や髪も栄養が行き渡りにくいなど、何かと条件が良くありません。この時期は白髪染めの吸収にもバラツキが出てしまいまい、ニオイも過敏に反応する影響から気分が悪くなる方もいます。自分で染めた時はバスタイムに自分でシャンプーをすることになりますが、いつもより念入りに洗ったりトリートメントを行ったりするので体を冷やす原因になり体調を崩しかねません。どうししても白髪染めをするのであれば、つけ置き時間が短くて頭皮に刺激が少ないカラートリートメントタイプを利用するようにします。

 

白髪染めで女性が最適な時期とは生理後の約2週間が経過した頃です。この頃になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えて、プロゲステロンよりも優位に働くこの時期は基礎体温が上昇し、皮膚などの女性の体の調子が上がるため、白髪染めを行なうならこの時期がベストな時期です。