白髪染め おしゃれ染め

白髪染めとおしゃれ染めの違いについて

「白髪染め」と、「おしゃれ染め」は同じような意味に聞こえますが、実際のところはどうなのでしょうか?実はおしゃれ染めで白髪を染めることはできません。黒い髪を明るい色などに染めることはできますが、白い髪を染めることはできないため、白髪を染めたい場合は白髪染めをする必要があります。

 

白髪染めとおしゃれ染めは一見どちらも髪を染めることに違いがありませんが、染める方法のメカニズムと染毛力に違いがあります。一般的な白髪染めは色素のない白髪を染めるために、白髪部分に色を入れる作業があります。全体的に色のバランスを整えて、髪を脱色し黒髪と白髪の色にムラが出ないようにする仕組みです。一方、おしゃれ染めは黒髪のメラニン色素を適度に脱色し、その部分に色を入れることで染まります。脱色とはブリーチとも言いますが、成分によって髪の色が明るい茶色になったりと脱色の力で色の調節ができます。ですから、おしゃれ染めの方が色のバリエーションも豊富です。脱色する成分だけでは白髪は染まりません。色素のない白髪に色を入れるには、それなりの強い染毛力が重要です。だから白髪を染めたい場合は白髪染めを使う必要性があるのです。

 

強い染毛力は、頻繁に使うことで髪と頭皮にダメージを与える可能性があります。ですから、頻度を考えて白髪染めをしなければいけません。あまり刺激のある白髪染めは使いたくないという場合は、脱色をする必要のないカラートリートメントがおすすめです。カラートリートメントは白髪の内部に色素を浸透させるものとは違います。髪の表面に色を着色する染め方なので髪の水分量を保ち、パサツキ感が少ないことで知られています。日々のシャンプーで色は少しずつ落ちますが、商品によって色の持ちは違いがあります。シャンプーによっても異なりますので、色落ちが少ない専用のシャンプーを使うことで、色の持続性が変わりますのでセットで使う方法もおすすめです。