白髪染め ノンシリコン

白髪染めのノンシリコンとは何?

白髪染めのカラーの着色を求めるのなら専用のシャンプーがあります。髪のコーティング剤である「シリコン」が含まれていると染まり具合が悪くなる傾向があり、「ノンシリコン」シャンプーなら白髪染めをする方にぴったりです。シリコンは髪をサラサラに保つ性質がある反面、一本一本の髪の毛をコーティングするため、白髪染めの染料の入り具合を妨げてしまいます。そのため白髪染めをする方で、染まり具合にこだわりを持つ方に人気があるのがノンシリコンシャンプーです。こだわるとキリがありませんが、シリコン、合成着色料、鉱物油などが無添加のオーガニックシャンプーなど多くのノンシリコンシャンプーがインターネットを中心に販売されております。

 

そもそもシリコンは髪の毛や頭皮にどのように働くのでしょう?多くのシャンプーに配合されているシリコンは、髪をコーティングすることで指を通したときにツルツルした感触を出します。そして摩擦がおこりにくく、髪がギシギシした感じが少なくなり、紫外線を浴びたときも髪の毛をコーティングしている影響で外的要素から守る働きがあります。シリコンが大量に入っているシャンプーは、頭皮にシリコンが残る可能性があり毛穴が詰まることにつながります。

 

もし、白髪染めをしているけれど思うように染まらないと感じるのであれば、ノンシリコンタイプのシャンプーに変えて白髪染めを試してみても良いでしょう。ノンシリコンタイプのシャンプーがよく分からない場合はインターネットの通信販売で探すと分かりやすいです。

 

白髪染めにもノンシリコンタイプのものがあります。特にトリートメントタイプの白髪染めの場合は、毎日のシャンプー後にノンシリコンのカラートリートメントをするだけで染まるので、簡単で手軽ならうれしいですね。ノンシリコンタイプのカラートリートメントはノンシリコンタイプのシャンプーと同様で、染まり具合もシリコン入りより効果が期待できます。ノンシリコンシャンプーとノンシリコンタイプのカラートリートメントを組合わせても良いですね。