白髪染め ノンジアミン

白髪染め「ノンジアミン」をおすすめする理由

ジアミンアレルギーを簡単に考えておりませんか?30代以降になると、白髪染めをしている人が増えてきます。ヘアカラーでは白髪が上手く染まらないため、白髪染めに切り変えるのです。でも市販の白髪染めはたくさんあり、どれが良いのか最初は迷われるのではないでしょうか?白髪染めには種類が豊富でみんな成分が違うように見えるかもしれませんが、大きく分けてジアミンが含むタイプと含まないタイプの2種類があります。

 

ジアミンには、アレルギー物質が含まれているため、アレルギーをお持ちの方にはアレルギー反応が出てしまいます。このジアミンアレルギーは突然発症する例もあり、頭皮のかぶれや腫れるなどの症状が表れます。ひどい反応を起こしてしまうと、呼吸ができないまでに呼吸器官にじんましんが出てショック状態になってしまいます。そうなる前に、白髪染めを行う場合は必ずパッチテストをやっておかないといけません。パッチテストとは、白髪染めの前に行うアレルギーテストのことで、「パラフェニレンジアミン」に反応を示さないか試すのです。パラフェニレンジアミンによるアレルギー反応は時に命の危険が迫る場合もあるため、必ずやる必要があります。もし、このパッチテストでチクチクやかゆみ、腫れなどが表れたら「ノンジアミン」の白髪染めに切り替える必要性があります。

 

ノンジアミンの白髪染めは頭皮に優しく、もともと乾燥肌体質の方や敏感肌の方におすすめできる白髪染めのタイプになり、ノンジアミンの白髪染めにはカラートリートメントなどがあります。カラートリートメントにはメーカーもさまざまで含まれている植物由来の潤い成分や香りに個性があり、それぞれ好きなタイプを選ぶことができます。頭皮がかぶれにくく安心して白髪染めができるため人気があり、臭いニオイが苦手な方や髪の傷みが気になっている方にも注目されています。トリートメントを行う作業と似ているため、簡単に染めることができます。髪や頭皮のトラブルで悩んでいる場合は、ノンジアミンのカラートリートメントをおすすめいたします。