白髪染め 妊娠 影響

妊娠への白髪染めの影響

妊娠している時、出産後は忙しいかもしれないと考えて、髪を切ったり白髪染めをしたりして準備をしておこうと考える妊婦さんも多いでしょう。それに、妊婦さんだって白髪が増えてくると、疲れたように見られるかもしれないと気になってしまって、白髪を染めたくなりますよね。しかし、妊娠中に白髪染めをしても、お腹の赤ちゃんへの影響がないのかを心配する妊婦さんも多いのです。白髪染めには、頭皮に刺激が強い成分が含まれているのですが、果たしてお腹の赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。

 

妊娠中の女性は、女性ホルモンの影響で体調の変化が激しくなる時期です。普段は白髪染めをしても異変を感じたことがなかった人でも、妊娠中には頭皮のトラブルが起こることがあります。今までには起こらなかった、かゆみや湿疹が出てしまうなど、いろいろなトラブルが起こることがあるのです。今までと同じヘアケア製品を使っていたのに、急に頭皮がかゆくなったり荒れてしまったりするなどのアレルギー反応を起こしてしまったら大変です。そうならないためにも、妊娠中は刺激の強い白髪染めはできるだけ避けた方がいいですね。

 

白髪染めによる胎児への影響も心配です。白髪染めには化学成分がたくさん含まれています。頭皮から吸収された化学物質は、血液によって全身に運ばれます。その母体の血液から、胎児は栄養や酸素や水分を吸収しているのです。どうしても白髪が気になって仕方がない場合は、体に害の少ないタイプの白髪染めを使うようにしましょう。カラートリートメントなら、無添加で頭皮にも優しく、髪も傷みにくいため、妊婦さんにもおすすめできる白髪染めです。もし、頭皮からカラートリートメントの成分が浸透したとしても、昆布から抽出したフコダインやハーブなど、天然素材から作られていますので安心です。胎児への影響も考えにくいことから、妊娠中にどうしても白髪を染めたい時にも便利な白髪染めだといえます。