白髪染め ヘアカラー 混ぜる

白髪染めで混ぜるタイプのヘアカラーの影響

今は白髪染めが普及した影響で、白髪だらけという女性がめっきり減りました。自分で白髪が染めることができるため仕事などで忙しい女性も、自宅で好きな時間帯に白髪が染めることができる時代です。最近ではたくさんの種類が販売されていますが、以前はヘアカラー剤独特の刺激的なニオイがある白髪染めが主流でした。

 

このタイプのヘアカラーは2剤式で混ぜるタイプの白髪染めで、この薬剤には脱色剤が入っており、とても臭いのが難点です。ヘアカラーで混ぜるタイプは一人で塗るのが大変な作業になり、頭の後ろは塗るにくいし、垂れてしまうと洋服や床を汚さないか心配で、白髪染め自体が億劫に感じてしまいます。

 

白髪染めも仕様が変われば塗る方法も変わってきます。天然素材が主成分のカラートリートメントタイプなら悪臭もほとんどなく、刺激が少ないため髪や地肌に悪影響を及ぼさないタイプです。そのため、刺激が強い混ぜるタイプの白髪染めよりもナチュラルで、天然植物由来の昆布のフコダインエキスなど、頭皮に潤いや髪がしなやかになる成分が配合された白髪染めが人気を呼んでおります。髪に自然の植物の成分で保湿を与えるトリートメント成分が配合されていて、パラベンや鉱物油などが無添加の白髪染めヘアカラーはうれしいですね。

 

若い世代の10代や20代でも白髪が目立つのが気になり、白髪の問題を解消したくても今から刺激的な成分の白髪染めを使うのは抵抗があるという方にもピッタリです。カラートリートメントはやさしい成分で作られ、髪にハリやコシを与えることで知られていて、白髪染めのトリートメント効果でツヤを感じ取ることができます。何より嬉しいのが、簡単で手間いらず、お風呂場でシャンプーのあとにスイスイと塗ることができることではないでしょうか。トリートメントなら自分で塗るのも簡単になり、カラートリートメントによってつけ置き時間が異なりますが、大体のものは5分から10分です。白髪染めトリートメントで優れた保湿力が感じ取れるのなら、長期的に使える優れ物です。