白髪染め コツ

簡単な白髪染めのコツ

あなたは今まで何年間白髪に悩み続けていますか?白髪は年齢とともに急に増えてきたり徐々に増えてくるなどさまざまですが、年齢的に仕方ないことといって放置をする方が減りました。白髪染めの普及で自分でもスーパーマーケットなどで購入してできるようになったお陰で、明るい軽やかなヘアスタイルを楽しめるようになったからです。

 

そして、自分の髪の毛は鏡で前の部分を中心に見る機会が多く、分け目を中心に生えていると思いがちなのですが、実は後頭部やつむじ部分にもたくさん白髪が生えていることがあります。自分では見えないので部分的に生えていると勘違いしやすいのが白髪の特徴です。そして予測不能の生え方をするのが白髪で、もみあげやこんなところにも?とビックリする位置に集中したりすることもあります。

 

白髪を上手に自分で染めるコツにはいくつかポイントがあります。鏡の前で大きめの手鏡を使って後ろや、つむじ辺りなど髪をかき上げて白髪の量をチェックしましょう。自分の白髪の状態を把握してから白髪染めを始めるようにすると塗り残し防止になり、自分が塗りやすい部分からではなく、白髪の割合が多い目立つ部分から染めていくのが大切です。また、こうすることで染め上がりのムラをなるべく防ぐことができます。そして白髪染めを行う時には、使いやすいブラシを用意すると染まり具合に違いが出ます。素手で染めることができる白髪染めでも、なじませた後にブラシでとかすことで1本1本の髪の隙間に白髪染めがなじんで、液が浸透しやすい状態になり染め上がりが均等になります。

 

放置時間守らずに早く洗い流してしまうことで、上手く染まらないケースも考えられますので、自分の感覚で時間を決めるのではなく、時計で時間をきちんと測ることも大切です。白髪染めは髪にのせただけですぐに染まるわけではありません。色が定着するまでにそれぞれの商品に規定の時間が設けられているので時間を守りましょう。こうすることで自分でも上手に白髪染めができるので活用してください。