白髪染め 経皮毒

白髪染めで「経皮毒」とは?

最近では数多くのメーカーから、さまざまな白髪染めが販売されています。手軽に自分で白髪を染めることができるのは、美容室で染めてもらうよりも節約につながり、自分の時間がある時に染めることができる手軽さが人気です。常に白髪が目立たないように白髪染めができる反面、白髪染めを長年続けることで気を付けないといけないこともあります。それは「経皮毒」といい、皮膚から有害性のある化学成分が体内に吸収されることです。

 

誰でも簡単できれいに染められる白髪染めには、強い化学成分が使用されており、長年使用することで髪や頭皮に負担がかかることで知られています。特にジアミンという物質はアレルギー反応が出る物質で刺激が強く、ジアミンアレルギーの方が悪化しないようにするためには、ジアミンを含まない成分の白髪染めを選ぶ必要性があります。すぐにかぶれやヒリヒリするなど症状の出方に個人差があり、悪化する恐れがあるためジアミンを含む白染めは使わないように気を付けなくてはいけません。

 

すぐにひどいダメージが表れないからといって白髪染めを繰り返し行っていると、頭皮と髪にダメージが皮膚に蓄積されてしまうこともあります。経皮毒は必ずしも全員に表れる症状ではありません。皮膚が弱い方には出て、皮膚の強い方には出ないなど症状はさまざまになり、経皮毒はカラーリングだけではなく、シャンプー、リンス、パーマ液でも引き起こす場合があります。粒子の細かいカラーリングは頭皮から浸透しやすい特徴があり、頭蓋骨にも色が付くとも言われています。そのほかに白髪染めの影響で、子宮や胎盤、頭蓋骨、腎臓、肝臓など、体内のあらゆる部分に有害な物質を浸透させてしまいます。経皮毒は長年の使用の積み重ねで障害をもたらし、初めて気が付くのです。発がん性リスクなど、多くの障害が発生しやすくなるため、なるべく体に害のある白髪染めは行いたくないという方が増えて、経皮毒の心配のないカラーリングが注目されてきています。