白髪染め かゆみ

白髪染めでのつらい“かゆみ”を防ぐには…?

 

まずは、かゆみが出る原因を突き止めましょう!

 

「白髪染めすると必ず頭がかゆくなる!」
と、白髪染めが肌に合わずに困っていませんか?

 

白髪染めでかゆみが出るときは、次の場合が考えられます。

  • 白髪染めの質が悪い(刺激が強かったり化学薬品たっぷりだったり)
  • アレルギー体質
  • 敏感肌、乾燥肌など肌が弱い
  • ストレスや栄養不足による影響
  • 生理中や生理前後、病気にかかっているなど体調が正常ではない
  • 季節の変わり目、もしくは、肌が乾燥しやすい冬場の影響

 

白髪染めによるかゆみは、本人の体質の問題だと思われがちですが、実は、ほとんどの場合が「白髪の染め方」に問題があります

 

特に、美容院での白髪染めは、刺激が強くかゆみが出やすくなっています。また、湿疹が出たりかぶれたりも赤くなったりすることも。市販品の安い白髪染めも同様です。使わないようにしましょう。たとえ肌の弱い方でなくとも、美容院の白髪染めや市販品の安い白髪染めでは、頭皮に異常が出てもおかしくありません

 

それから、白髪を染める際の体調にも注意が必要です。
体に何らかの異常がある場合は、普段では起こらない症状が出てしまうことがあります。肌に合わないから染めるのを止めよう、と考えるのではなく、まず体に問題がないか確認しましょう。

 

 

次に、自分の体質をよく知りましょう!

 

白髪染めによるかゆみを防ぐにはまず、適切な「白髪の染め方」を見つけることが重要となります。ご自身の体質を改めて理解することで、より正確に自分に合った白髪染めが見つかるはずです。

 

以下の手順で確認!

 

  1. 美容院での白髪染めや市販品の安い白髪染めを一旦やめる
  2. 体調に問題がないことが分かるまで様子見する
  3. カラートリートメントタイプの白髪染めを使う(パッチテストは必須)

 

昨日まで問題なかった白髪染めでかゆくなったり、逆に、一回試してみてかゆくなった白髪染めが今日は大丈夫だったりする場合があります。
それは人の体が日々変化しているからなんですね。気付かないうちに体質が変わっていた、なんてことはよくあります。
ですので、パッチテストは定期的に行いましょう。

 

 4. それでもかゆみが出るときは、皮膚科を受診する

 

しかし、皮膚科を受診しても、「白髪染めするのをやめなさい」としか言われないこともあります。医者としてはどうしようもないんですね。白髪染めに詳しい訳ではありませんし。
皮膚科に行かなくても大丈夫なように、自分に最適な「カラートリートメントタイプ」の白髪染めを選ぶことが重要です。

 

 

最後に、「カラートリートメントタイプ」の白髪染めを試しましょう!

 

つらいかゆみなく白髪を染めるための『切り札』です。
今のところ、「カラートリートメントタイプ」の白髪染めよりも、安心・安全の白髪染めは存在しません。
その中でも、特に優れたものを3つ厳選しました
まずはこれらを試してみましょう。

 

無臭タイプなのでニオイがまったく気にならない!

利尻ヘアカラートリートメント

【利尻ヘアカラートリートメント】

“カラートリートメントタイプの白髪染め代表”と言ってもいいくらいに人気の白髪染め。長年愛用され続けられるだけあって、その品質は折り紙付きです。無臭タイプが好みな方はこの【利尻】で。

 

 

自然な色合いでおだやかに染めるなら

ルプルプヘアカラートリートメント

【ルプルプ ヘアカラートリートメント】

特に“肌へのやさしさ”にスポットを当てた白髪染めです。【利尻】は合わなかったけれど【ルプルプ】なら大丈夫だった、という方もいるくらいに「安全性」が徹底されています。肌が弱くて、白髪染めのかゆみ以外でも困っている方は【ルプルプ】で。

 

 

ヘッドスパで頭皮をほぐして毛根から体質改善!

【レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー】

頭皮を揉みほぐしながら染められる白髪染めです。頭皮に積極的に付けても問題ないほど刺激のない安心の成分で作られています。天然アロマの香りとヘッドスパで気持ち良く染めるなら【レフィーネ】で。

 

 

いくらカラートリートメントタイプの白髪染めでも合わない体質の方はいます。でも、試してみないことには分かりませんから、一度使ってみることを強くオススメします。

 

体調を万全にして、カラートリートメントタイプの白髪染めを試してみても、それでもダメな時は、やはり、皮膚科に受診に行きましょう。自分では気付けないアレルギーや病気が見つかることもあるかもしれませんから。そこからまた、新たな解決策が見つかるはずです。