白髪染め かぶれ

白髪染めでかぶれが出たら要注意!

白髪染めをしている最中やした後に、かぶれてかゆい症状が出たことはありませんか?白髪染めでかぶれが出ると、いつも頭皮はチクチクやピリピリで気になってしまいます。白髪染めのかゆみは、かぶれのほかに湿疹や蕁麻疹などが出てしまう場合もあり注意が必要です。アレルギー反応の場合もありますので放っておくと危険になり、皮がめくれてしまったり、ひどい場合は呼吸困難に落ちいってしまったり、顔がお岩さんのように腫れてしまう場合があります。このような少しでもアレルギー反応と思える症状が出た場合は、皮膚科の受診が必要になり医師の診断を受けることをおすすめします。

 

敏感肌の方は特に白髪染めをするとき、かぶれやアレルギー反応が出ないかという心配が強く、肌の弱い方でも安心して使用できる白髪染めがないか探されているのではないでしょうか?
もし敏感肌で頭皮や髪に負担のかからない毛染め染料を使いたいと考えているのなら、ジアミン系の成分を含まないヘアカラーを選ぶことが大切です。ジアミン系とは化学物質で、体調が悪い時や肌が過敏な方はかぶれやすくなる成分です。体調が良い時は大丈夫でも染毛で繰り返し使うことでアレルギー反応が強くなり、症状が出てしまうこともあります。主にジアミンに対するアレルギー反応はなかなか消えることはなく、アレルギー反応が出たら二度と使わないように注意が大切です。もし、かぶれの症状が出ているのに使い続けていると、症状が悪化して命に関わる場合も出てきます。しかし白髪染めのほとんどの商品にはジアミン系薬剤を含んでおり、刺激臭のするタイプの白髪染めがたくさん存在します。ジアミン系の白髪染めをする場合、パッチテストが必要なのはこのためです。

 

アレルギー反応が出ないタイプの白髪染めには、ヘアカラートリートメントやヘアマニキュア、植物染料のヘナなどがあります。この中でもっともお手軽に自分で染めることができるのが、ヘアカラートリートメントで、かぶれの心配も少なく安心して使えて髪や頭皮に優しいので人気が高まっております。