白髪染め いつから

白髪染めはいつからがおすすめ?

若白髪という言葉がありますが、若白髪とは20代までに白髪が生えた場合に使う表現です。30代になっても白髪が生えない方もいるので個人差がありますが、女性の場合はどうしても白髪が生え際や分け目から生えてくると目立ってしまいます。さらに白髪は老けて見えるので、白髪は隠したいから染めて分からないようにしたいというのが女性の心理です。

 

いつから白髪が出るのかというのは遺伝の関係もありますが、一般的には30代半ばから白髪が目立ちはじめます。本数が増えてくると白髪染めを考えるようになり、どんなタイプの白髪染めがあるのか興味を持つのです。35歳はお肌の曲がり角といいますが髪の毛も同じで、体調の変化などがきっかけになり、この頃から年齢を感じる女性が多くなっています。

 

いつも通りにカラーリングをしてみたら、白髪がキラキラ光って染まることに気が付いて、それが目立ってしまうことで白髪染めに切り替えようと感じるようです。1本や2本の白髪なら気になりませんが、全体にパラパラ目立ってきたら切り替えたほうが無難です。妊娠や出産がきっかけになって、女性ホルモンのバランスの影響で白髪が出る女性もいます。

 

染めるのが面倒だからといって白髪を抜いてはいけません。毛穴には2〜3本の毛髪が生えていることが多く、白髪を抜くことでほかの健康な髪の毛も一緒に抜けたり、毛乳頭を痛める原因になってしまいます。どうにかして白髪をなくしたい、見えないようにしたいと感じた時が、あなたの白髪染めのタイミングということです。白髪を染めてみると髪だけでなく、お顔まで若く見えるものです。白髪が目立たないというだけで自分にも自信が出て、おしゃれも楽しく感じ、いつまでもキレイでいたいと気持ちが若返ります。

 

今は美容院で染めなくても自分で簡単に染めることができる白髪染めが人気で、特にカラートリートメントタイプのものが評判を呼んでいます。普通の白髪染めでは時間が必要になりますが、、トリートメントと同じ使い方で5分待てば良いだけという手軽さが人気です。