白髪染め 髪 傷みにくい方法

白髪染めで髪が傷みにくい方法

白髪染めは30代になってくると利用している方が増えてきます。出産後やストレスなどの影響から出ることもあるため、必ずとは言えませんが増えてくるのは自然なことです。でも白髪染めで髪が傷みにくい方法があるのなら、頭皮のかゆみやかぶれを起こしたくはありませんので、傷まない方法で染めたいと白髪で悩まれる女性は感じています。髪と頭皮を傷めずに白髪を染める方法には、代表的なものでカラートリートメントがあります。これは自分一人で染めることができる手軽さから、多くの女性に支持されている白髪染めです。

 

白髪は厄介で嫌われる存在ですが、カラートリートメントがあれば傷みを軽減して白髪を解決できます。カラートリートメントは、頭皮に優しく傷みにくいタイプの白髪染めです。カラートリートメントよりも色持ちや染まる傾向のある白髪染めは、2剤式のヘアカラーです。しかし頭皮に負担がかかるものが多いので、デメリットも多く存在します。白髪を染める時にどちらを選択するのかは選ぶ方の自由ですが、傷みの少ないタイプをお探しであればトリートメントタイプがおすすめです。

 

ヘアカラートリートメントは無香料でノンパラベンなど、アレルギー反応が出にくいことで知られています。天然成分が配合されていて植物由来成分を含む物も多く、髪と頭皮に優しい成分が配合されていることで傷みにくくなっています。ジアミン系の酸化染毛剤を含まないものを選ぶとさらに傷みにくくなり、カラートリートメントを行うことで潤い成分が浸透し、髪がつやつやになってしっとり感が生まれるのです。

 

商品によっては髪のダメージの補修や保湿を促す作用のあるガゴメ昆布を配合したり、保水力の高いフコイダンを配合しているものもあります。紅花やクチナシなどの植物由来の天然染料で髪を染めることで、頭皮と毛髪に潤いを与えます。髪と頭皮の健康を考えて傷みにくい白髪染めを選ぶならカラートリートメントですね。