白髪染め 色落ち

カラートリートメントで色落ちが気になる場合

美容院に行く手間もはぶけて、費用も抑えられる自分で行う白髪染めはとても手軽な方法です。白髪染めを上手にできれるようになればいつでも若く見えるように白髪をコントロールできるため、女性には嬉しいことです。

 

白髪がカバーできるほか、カラートリートメントならツヤをキープした状態で髪のキューティクルをはがさずに色を定着させることができます。しかし、白髪染めで気になるのが色落ちです。カラートリートメントは色落ちが避けられません。しかし頭皮や髪にトリートメント効果で白髪を染めつつ髪に潤いを与えるのは、カラートリートメントの嬉しい効果です。

 

白髪染めで色落ちを防ぐなら、美容室や市販されているタイプの刺激臭のするアルカリ剤を使用した白髪染めです。この永久染毛剤と呼ばれるアルカリ剤での白髪染めは、キューティクルをはがし髪の内部に酸化染毛料と過酸化水素が浸透することで発色させるため、2〜3ヶ月に1度の白髪染めで大丈夫です。紫外線の影響などで色があせてしまうことはあっても、内部の色が抜け落ちることはほとんどないため長期的に持つのが特徴です。そのかわり頭皮や髪質のトラブルがカラートリートメントよりも多いです。

 

カラートリートメントは半永久染毛料と呼ばれ、1回の使用で髪の表面から内部に徐々に浸透して染毛し、数回使用することで色素が浸透しやすくなります。色持ちは1〜2週間で、週末や2週間に1度と間隔を決めて定期的に行えば良いのです。

 

そしてカラートリートメントを選ぶ際には「弱アルカリ性タイプ」と「酸性タイプ」があります。酸性タイプは肌を傷めないかわりに染まりにくい性質があります。弱アルカリ性タイプは、色も浸透しやすく落ちにくい性質がありますが、酸性タイプより髪を傷める傾向があります。「微アルカリ性」なら色落ちがしにくく、弱アルカリ性タイプよりも髪を傷めません。カラートリートメントで色落ちが気になる方はこのタイプがおすすめです。