白髪染め 色 選び方

あなたのしっくりくる色は何?「白髪染め」の選び方

白髪染めの色で悩む女性

白髪を染めるとき、どんな色にしたら自分に合うのか、選び方に迷いますよね?

 

見本の色をしっかり確認しても、実際に染めたときには「思ったよりも赤いような気が…」など、もともとの髪の色によって個人差が出ます。

 

また、カラーバリエーションが豊富な白髪染めを使う場合、「真っ黒は避けたい、明るめの茶色がいい」などのイメージを頭の中で思い描いていても、実際は白髪と黒髪の染め上がりには違いが出るため、どんな色を選んだら良いのかはとても難しいところです。

 

髪は見た目の印象が非常に大切で、使用前にしっかり色を考えて選ばなかったことで、染めてから後悔してもしばらくは我慢しないといけません。

いろいろな白髪染めを試してみよう!

白髪染めを選ぶ際は、手間はかかりますが、複数の商品を試し、自分の希望に近い色を選んで、若々しくイメージチェンジをしましょう。
選ぶ際の注意点として、以下の3点を挙げてみました。

まずは、白髪の量を確認!

白髪を染めるときは色を決める前に、ご自身の白髪の量をじっくり確認してください。

白髪が少ない場合

例えば、白髪が少ない方の場合、黒髪が多いということになるので、明るいブラウンカラーで染め上げても濃いブラウンカラーに仕上がります。

 

白髪染めを選ぶときは白髪の多さがポイントです。
見本で良い色だと感じても染めた時に黒髪に近い状態と感じるのなら、1トーン明るい色を選びましょう。
トーンの他にも黄味や赤味を帯びる色を選んでみて、自分の思い通りのカラーを見つけて覚えておきましょう。

 

同じ茶色でもオレンジに近い色や栗色などがあり、微妙に仕上がりが違います。最初の数回は少し失敗しても仕方ないです。

白髪が多い場合

白髪が多い方は、白髪染めのカラーが思ったよりも明るく染まりやすい傾向があります。

 

濃い色に染めたいのなら、自分のイメージしているカラーよりも暗いカラーを選びましょう。
見たままの色で染めると、「こんなに明るくなるとは思っていなかった(+_+)」と驚くことになりがちです。
黒っぽい色を希望するのなら、ナチュラルカラーになるようなダークブラウンよりも、おとなしめに色を選びましょう。
そうすることでイメージに近い色に染めることができます。

 

白髪が多い方と、少ない方が、同じ白髪染めを同じように使っても、全く違うカラーで染めたように違いが出ます。
最初から思い通りのカラーを出すのは難しいので、少しずつ希望の雰囲気に近づけていくようにすると余計なストレスを減らせます。

 

利尻ヘアカラートリートメント

>>根元からキレイに染めるなら<<

ルプルプ

>>手が汚れにくい白髪染め<<

煌髪(キラリ)

>>髪に優しい染毛料<<