白髪染め 副作用

白髪染めの気を付けたい副作用

白髪染めを使用した後に副作用の症状を感じた場合は、白髪染めに含まれる薬剤のアレルギー反応と考えられます。白髪染め前には必ずパッチテストをする必要性があります。パッチテストをしないで白髪染めをして頭がかぶれてしまった、炎症やかゆみを起こしてしまったとなれば大変です。

 

アレルギー反応には人によって違い、多くはかゆみやピリピリする痛みを頭皮に感じます。白髪染めをしている最中に燃えるようにかゆみと熱さを感じる場合もあります。もしくは白髪染めが終わって時間が少したったころに、顔がブクブク腫れて原型が分からないほどになるケースもあります。頭皮や生え際など、異変を感じたらすぐにお近くの皮膚科を受診することをおすすめします。

 

アレルギー反応を白髪染めで体験した場合は、医師に今後は一切使用しないように指導され、ノンジアミンの白髪染めを勧められます。最初は軽い症状でも突然重症化する恐れがあり、血圧低下や呼吸困難で意識不明など、症状によっては死に至る可能性も考えられます。このような副作用の可能性が考えられる白髪染めよりは、カラートリートメントの方が安全性が高いため、白髪染めの成分を見直しましょう。

 

生理中もお肌や頭皮が敏感になりやすく、白髪染めの影響で湿疹などの副作用が出やすいこともあるので、生理中は刺激の強い白髪染めはあまりおすすめできず、使用しない方が無難な選択です。

 

市販の白髪染めで刺激が強いタイプは、頭に湿疹が出ているときものすごくしみますよね。シャンプーでは感じないあのヒリヒリ感はとても強い刺激のものです。天然成分を配合しているカラートリートメントは頭皮に潤いを与える優しさがあるほどで、このように毎日使えて髪や頭皮に良い条件を与えるタイプの白髪染めは、安心感があり髪や頭皮が傷む心配がグッと減ります。なるべくならこのような低刺激で天然の潤いが配合されたものを使用するようにして、白髪染めで副作用が起こらないようにしましょう。