白髪染め 放置

白髪染めの放置時間

パラパラ目立ってきた白髪は、白髪染めをしないと染まることはありません。でも白髪染めは自分で行うにも面倒な作業です。最近は女性でも仕事をすることが珍しくなく、忙しい毎日を送り頑張っている人が増えているため、白髪染めのためだけに美容院に行く時間をとるのは大変と考えている方が多いのです。

 

白髪染めは費用もかさみます。2ヶ月に1度染めに行ったとしても、白髪は年齢とともに増える傾向があるので、長いお付き合いになります。白髪染めを定期的にしないと、どんどん白髪は目立ってしまい、白髪を放置すると年齢よりも上に見られてしまいますので損をしてしまいます。

 

白髪染めを簡単に毎回行う方法があります。それは、白髪染めを染毛料(カラートリートメント)タイプのものに変更すれば良いのです。カラートリートメントとは、トリートメントに黒っぽい染料が含まれたもので使い方もトリートメントと同じです。入浴の時間に普通にシャンプーを行い、その後、カラートリートメントを素手に適量をとり、白髪が気になる部分から塗ります。うまく塗るコツは毛と毛の間にも染料が含まれるように意識することで、カラートリートメントは白髪が目立つ部分に厚くなるように塗って、しばらく放置しましょう。カラートリートメントを放置する時間は大抵5分か10分です。使い初めの時は10分ほどつけこんで、次回から5分にするなど時間を調節してもよく、商品の説明書きを参考にして白髪染めにチャレンジしてみましょう。塗る方法が素手よりもブラシの方が楽なときは、とかして染料をなじませても大丈夫です。

 

放置時間が5分と記載されていても、初めて使うときは10分が平均です。剛毛で染まりにくいなど髪質にも染まりにくい方がおりますので、説明書に記載されている時間よりも少し長くしても良いのですが、既定の何倍も多い時間つけるのはあまりおすすめできません。頭皮トラブルの影響を受けては大変なので、きちんと最初に使い方を理解して放置時間は常識の範囲内にしましょう。