白髪染め 注意

白髪染めの注意とポイント

白髪染めはあまりにも多くの種類が販売されているため、CMの印象やパッケージのイメージを見て決められる方が多く、白髪染めを自分で行うのが珍しくなくなりました。髪の毛や頭皮に負担が少ないのであれば、白髪染めをしていつも白髪がない状態にして、ヘアースタイルをバッチリ決めておしゃれを楽しみたいですね。

 

白髪染めはアレルギー反応が出てしまう場合があり、慎重に行わないといけないため細心の注意が必要です。初めて白髪染めを体験する方、そして久しぶりに染める方はアレルギーの有無が分からないので、白髪を染める前にしておくことがあります。

 

まず最初にパッチテストを行いアレルギー反応が出ないか確認しましょう。実はアレルギー体質なのにパッチテストを行わないで髪を染めてしまい、かゆみやかぶれがひどくなったりしたら大変です。白髪染めに含まれるジアミンはアレルギー反応を起こすと呼吸困難などの危険な状態になってしまうこともあり得ます。

 

次は白髪染めの染まり具合の注意です。せっかく白髪染めをするのですから、条件や染まりやすくなるポイントを覚えておきましょう。あなたの髪質はどんな髪質ですか?軟毛、硬毛とありますがどちらのタイプでしょう?自分の髪質を把握することで、染まりやすい髪質なのかそうでないのかが大体分かるのです。

 

軟毛の方は染まりやすい髪質で硬毛の方は染まりにくい髪質です。細くて軟毛だと明るい色が反映されやすく、硬毛の方は色が出にくいので、ワントーン明るい色にすることで希望の色が出やすくなります。このような調節で色選びをすると自分で白髪染めをしても満足感が得られます。

 

染まり具合に違いが出るため、室温にも気をつけなければいけません。白髪染めに適している室温は20〜30℃とされており、20℃以下ですと染まる反応が遅くなり、染まり具合に影響が出てしまいますので、染める時の部屋の温度をきちんと管理しておきます。自分で行う白髪染めはなるべく失敗は避けたいですね。そのため、これらの注意に気をつけて上手に染めるコツを身に付けましょう。