白髪染め 母乳 影響

気になる白髪染めの母乳への影響

授乳中に白髪染めをしたいと思った時に、母乳に影響があるのではないかと心配になってしまうママもいるのではないでしょうか。

 

確かに産後のお母さんは、育児に追われる忙しい日々で、ヘアスタイルが気になってくるでしょう。白髪染めには肌に負担のかかる成分が含まれていることが多く、自分の頭皮や髪にダメージを与えやすいことから、母乳にも影響があるように思ってしまうのも当然のことです。

 

化学成分が入った白髪染めは、ドラッグストアなど多くのお店で購入できます。ジアミンや過酸化水素水などの刺激の強い成分は、発がん性があることでも知られています。産後のお母さんは、白髪染めをしない方がいいといわれています。その理由には、母乳への影響があります。母乳は何から作られているのかというと、聞いたことがあるかもしれませんが、母乳は血液から作られているのです。化学成分が入った白髪染めを使っていると、頭皮を通じて、ジアミンが微量ながら血液中にしみ出ている可能性があります。たとえ微量だったとしても、母乳に発がん性のある物質が含まれるかもしれないということは、赤ちゃんへの影響をを考えると、ととても気になることですよね。

 

産後のお母さんは、女性ホルモンが大きく変動している時期でもあります。そのため、毛髪が抜けやすくなっている方もいることから、あまり頭皮への刺激が強いタイプの白髪染めはおすすめできません。

 

白髪が気になる場合は、外出時には帽子をかぶったり分け目をずらしたりして、ヘアスタイルに工夫をするなどの対策をおすすめします。また、ジアミンを含まないタイプの白髪染めを使うのもおすすめです。ノンジアミンタイプの白髪染めで代表的なものには、カラートリートメントがあります。カラートリートメントは、無添加で天然の植物から作られている、化学成分を含まないタイプの白髪染めです。このタイプの白髪染めなら、安心して使うことができるのではないでしょうか?成分などを確認して、納得して使うといいですね。