白髪染め アッシュ系

知性を感じるカラー「アッシュ系」の白髪染め

アッシュブラウンなヘアカラー

「アッシュ」は灰色という意味で、洗練されたイメージの、ハーフの髪色のように仕上がるカラーです。
(写真や画像では、画面や光の関係で色味が大きく異なる場合があります)

 

日本人の憧れのカラーでもあるアッシュは、落ち着いた印象を与え、ヘアサロンでも人気のカラーです。赤みを抑えたアッシュは、個性的な印象になってイメージがガラリと変わるため、ほかの人とは違うヘアスタイルにしたいと考える女性の中で流行しています。ベージュベースで、自然でクールな印象を与えるカラーなので、「白髪染めでアッシュ系の髪色にすることはできるものなの?」と、興味を持つ女性が増えています。

 

アッシュは、グレーを引き立たせる仕上がりにするために、青や青紫のカラー剤が入っています。黒髪を脱色してブラウンになった時に、グレーが自然に浮き出るようになっているのです。この微妙な配色が外国人の髪色のようで憧れる女性が多く、白髪染めでもこのカラーで染めたい女性は多いですね。

 

髪を染めた際に「なぜ赤みが出てしまうの?」と思ったことはありませんか?

 

ブラウンにしたのに髪が赤い、または、染めてしばらく経った頃に赤みが出て気になる、などです。それには髪質が影響しています。髪の中にはメラニン色素が存在します。メラニンは色素細胞から生成される色素ですが、このメラニンがないのが白髪です。うっすら黄色がかった色がありますが、透明です。

 

黒い髪も、もともとは白髪で、その後メラニン色素で色がついて黒髪となって生えてきます。元の髪が太くて硬いタイプで黒色に近いと、白髪染めをした時に赤みが出やすくなります。そのため、白髪染めでアッシュカラーに染めたい場合は、アッシュブラウンをおすすめします。

 

アッシュブラウンは髪を灰色系に染めるので、黒髪で出やすい赤みが灰色で抑えられ、色がきれいに出やすいのです。灰色は髪の彩度を下げ、結果として赤みを抑える効果があります。アッシュブラウンに配合された青のカラーで赤みを抑えるのと同時に、アッシュブラウンが黒髪と白髪のバランスを良くする効果があり、まとまりやすいですよ。

 

複数の白髪染めを試して好みの色を見つけましょう!

>>高評価な白髪染め<<