白髪染め アレルギー 注意

白髪染めアレルギーに注意が必要です

今まで白髪染めを何度もやっていたのに、突然白髪染めを使っていて異変を感じた場合は注意が必要です。一般的に売られている白髪染めの多くに「ジアミン」という成分が入っています。このジアミンは皮膚のただれ、赤く腫れ上がる、痒み、ヒリヒリする、そして呼吸困難などの症状を起こす場合があり、気管が腫れて呼吸ができなくなると命の危険が出てしまいます。顔がパンパンに腫れるなど重症化してしまう方もいるので、少しでも異変を感じたら医師の診察を受けましょう。「ジアミンアレルギー」と診断されると、ジアミンが入った白髪染めなどは使用しないように医師から指導を受けます。ジアミンアレルギーは稀ですが突然発症しますので、必ず白髪染めを行う場合はパッチテストをして、アレルギー反応の有無を確認する必要があります。

 

アナフィラキシーショックと呼ばれるアレルギー反応は、呼吸困難や意識障害がでてしまうこともあり、特に小さなお子様がいる場合は舐めてしまわないように細心の注意が必要です。舐めてしまうとメトヘモグロビン血症という酸素が体に行き渡らない状態になりチアノーゼをおこしてしまいます。唇が真っ青になるなど危険な状態になる恐れがありますので管理を怠らないようにしましょう。また、ジアミンアレルギーの方や小さなお子様がいるご家庭は、非ジアミン系白髪染めがおすすめです。

 

ヘアカラートリートメントでも非ジアミン系のものが多くありますので、ジアミンが無添加のものであることを確認して購入しましょう。たくさんのメーカーから非ジアミン系のトリートメントが販売されています。いずれにしても素手で染め上げるタイプですので、シャンプーの後のトリートメント感覚で使用できる手軽さは、お肌の弱いタイプの方におすすめの白髪染めです。トリートメントのように髪と頭皮にやさしい成分で、オレンジなどのフルーティーな香りの物もあり、白髪染めでさっぱりとした爽快感を味わうこともできて人気となっています。