白髪染め 明るくできない

カラートリートメントで色を明るくできない理由

白髪染めのカラートリートメントタイプに明るい色が少ないのはなぜでしょう。これには理由があり、白髪染めは白くなってしまった髪にカラーを入れて隠す目的があるため、髪の色によりなじむように濃い色が多くなっています。最近は、トリートメントタイプ以外のものであれば、明るいブラウン色も店頭に並んでおりますが、トリートメントタイプの白髪染めは明るいブラウン色が少ないです。黒に近い色ばかりで、どのメーカーも明るく染まるというタイプはあまりありません。

 

市販の刺激臭のする2剤式の白髪染めは脱色剤が入っており、黒い髪も脱色してから色を入れる原理で、白髪と黒い髪の両方に色を入れる方法です。カラートリートメントは脱色剤が入っていないので白髪に色を入れる成分しか入っておりません。ですから黒い髪の色には明るい色が反映しないのです。もし、カラートリートメントの染液が明るいブラウンだったら、黒い髪と白髪に新しく染まった明るいブラウンが浮き出てしまい、統一感のない仕上がりになってしまいます。バラバラに染まることを防ぐためには、元々の日本人の髪質に近い色が主流になり明るくできないということです。

 

白髪が多いタイプの方でしたら、なるべく明るいブラウン系のカラートリートメントを選ぶことで、明るい色が出やすくなります。白髪が全体的に多く、明るめのブラウンに仕上げたいのなら、なるべく明るめのカラーを探し使ってみましょう。黒い髪が多くところどころに白髪がある場合は、元々の髪の色に近い色の方がなじんで美しく見えます。どうしても髪全体を統一させて明るくするのであれば、トリートメントタイプ以外の2剤式の白髪染め、もしくは美容院で染めてもらうようになります。市販の2剤式の染液は黒髪を脱色する成分ですので、脱色をしないカラートリートメントと比べると頭皮や髪にダメージがあります。白髪を染める時は頻度を考えて、頭皮や髪が傷まないようにすることが大切です。