白髪染め 6トーン

しっかり白髪を隠したいのなら6トーンの白髪染め

白髪は自分で簡単に染めることができる時代になりました。ドラッグストアに多くの白髪染めが並ぶようになったのは、白髪染めを販売するメーカーが増えたからだけではありません。白髪染めのタイプが増え、薬剤がメインのタイプと植物由来の成分が由来のものに分かれ、白髪染めが多様化してきたからなのです。その分購入する側は知識を深め、内容を理解した上で購入しなければいけなくなりました。色もトーン別に分かれ、明るさや深みが分かりやすく表記されています。

 

白髪をしっかり隠したいのなら、4トーン、5トーン、6トーンあたりがおすすめです。日本人の髪の色に近く、馴染みやすいタイプのカラーですから、染めた後も自然に見えます。最初からあまり明るい色で染めてしまうと、違和感があるかもしれませんので、最初はこのあたりから試すことをおすすめします。

 

トーンは数字が増えると明るさが増したカラーになります。かなり明るいカラーは、顔の印象が大きく変わります。トーン別のほかに、暖かみのある茶色やナチュラル系ブラウン、マット系ブラウンなど、雰囲気別にも分かれていて多種多様ですから、白髪染めでも個性を出すことができるようになりました。ファッションに関心のある女性は、ヘアスタイルだけでなく、カラーも重要視する方が多く、個性的なカラーで白髪染めを楽しむ方が増えているのです。

 

白髪染めの色を自分で混ぜることはおすすめできませんので、自分の髪に合ったタイプのカラーを探しましょう。知識のない素人の方が混ぜてしまうと、場合によっては皮膚トラブルにつながる可能性がありますから、やめておくべきです。

 

白髪染めをした時に、髪の毛が柔らかい方は染まりやすく、髪の毛が太く硬い方は染まりにくい傾向があります。髪の毛の質でカラーの出方も違います。そのことを考慮に入れてトーンを調節することも必要です。このように髪質によっては、染まり方にも色の付き具合にも違いが出てくるのです。