白髪染め 5トーン

5トーンの白髪染めだと白髪はどうなるの?

白髪がどんどん生えてほしいと考える方は、あまりいませんよね。やはり、白髪は年齢を感じさせますし、白髪がたくさんあるだけで、顔の印象が疲れたように見えたり、暗い表情に見えてしまったりする傾向があります。少しでも若く見られたいのであれば、白髪が目立つようになる前に、日頃から白髪染めをする必要があります。しかし、美容院にわざわざ行くのも疲れるし費用もかさみますから、自分で簡単にできるならと、自分で白髪染めをする方が増えています。

 

白髪染めにはいろいろなカラーがあります。色のタイプは1〜10あたりまでのトーンに分けられていて、暗いタイプは小さい数字、明るいタイプは大きい数字です。日本人の髪の場合、標準の方で大体3〜5トーンあたりですので、自然な色がお好みであれば、5トーンあたりがおすすめです。白髪染めで明るめのカラーを出したい場合は、7トーンあたりまでがおすすめです。あまり大きい数字のカラーを使用すると、白髪の部分に色が入りづらくなります。白髪が多いと、思ったよりも色が明るめに出てしまうことがありますので、標準の色から試すことをおすすめします。

 

白髪がなくなればいいという考え方ではなく、髪を傷めないで白髪を染めたいと考える女性が多くなりました。そのためには、まず白髪染めの種類を把握しましょう。選び方がポイントになります。クリームや泡タイプ、シャンプータイプやトリートメントタイプなど、これも白髪染め?とびっくりするタイプも多く、多様化しているのが分かります。その分選択肢も増え、自分に合ったタイプを見つけることができるようになりました。

 

大抵の白髪染めは、ダメージを軽減させるように工夫されています。その中でも人気なのが、キューティクルを壊さないトリートメントタイプです。キューティクルを保護することは、白髪染めを長持ちさせるために大切なことです。カラートリートメントはキューティクルをはがさずに染めるタイプですから、傷みも少なくおすすめです。