白髪染め 30代 女性

30代から気になる女性の白髪染め

30代になったら自然に増えてくる白髪は、年齢が若く見られたいということから身だしなみとして白髪染めを行うようになりつつあります。女性の白髪は35歳が平均と言われていますが、1本でもあると気になるもので、毎日鏡を見るたびに白髪がないか分け目などをチェックすることが習慣になってしまいます。白髪染めは市販のものでも開発がどんどん進み、泡タイプやクリーム状のものなど一人で染め上げることができることが前提になってきています。

 

でも、いくらバッチリメイクをしても、頭に白髪が見え隠れしてはどうしても年齢を感じさせてしまいます。結婚、子育て、生活習慣、ストレスと何かと生活スタイルに変化の多い30代の女性は、同時に白髪の悩みを解消したいと感じる時期です。白髪は時間をかけないと染まりにくいのが前提ですが、それは薬剤を髪の内部に浸透させて染めるタイプのお話です。

 

刺激の少ないトリートメントタイプなら髪や地肌に負担が少なく、頻繁に染めることができるため色持ちも長続きし、保湿力を損なうことなく髪をいたわりながら白髪を目立たなくすることができます。30代の女性に今注目が集まっている白髪染めがカラートリートメントタイプなのです。染めたいときに簡単に自分で白髪染めができるこのタイプを使うと、放置時間もほかの白髪染めより短いのが便利で、身だしなみに気を使う女性の白髪染めを面倒と感じさせません。

 

白髪染めというよりも、毎日のバスタイムにトリートメントをしている感覚で白髪がみるみる目立たないのが嬉しいですね。でも天然成分の染液は色落ちが一般的な白髪染めよりも早いため、定期的にカラートリートメントで白髪染めをする必要があります。美容院に行くよりも経済的で、自分の家で一人で染めることができる手軽さは一度味わうとやめられないと感じてしまいますね。長く付き合う白髪には安心して使える白髪染めを使うようにして、カラートリートメントで若々しさを保ちましょう。