白髪染め 1回で染まる

1回で染まる白髪染めで頭皮は大丈夫?

白髪染めで白髪にカラーを入れるだけで、メイクをしなくても印象が若く見えます。白髪染めは髪が傷むイメージがあると思いますが、髪を傷めたくないなら、白髪染めをきちんと選んで行いましょう。そこが髪をいたわりながら染めるのか、そうではないのかの分かれ道になってきます。

 

ムースタイプやクリームタイプは以前からよくあるタイプですが、最近では、シャンプーに染料が入っていたり、トリートメントで白髪を染められたりと、さまざまなタイプがあります。1回で染まるタイプの白髪染めは、それなりに強い成分が入っています。しかし、徐々に染める刺激の弱いカラートリートメントなら、染まり具合は弱くても髪に潤いや栄養を与えるので、白髪染めをするたびに髪質が改善していくのを感じることができます。

 

徐々に染まっていく白髪染めのカラートリートメントですが、何度も染めるのは面倒ですし、早く隠したくて白髪染めをするのですから、1回で染めたいと思うのも理解できます。なるべく染まりが良いタイプのカラートリートメントを探し、試して見るのもいいのですが、やはり、1回で確実に染めるのは難しいといえます。化学反応で染めている、酸性染料タイプの白髪染めに比べて、半永久染毛料に属するカラートリートメントは染まり具合が弱く、色落ちしやすい傾向にあります。1回染めたからといって、長期的に白髪をカバーするタイプではないということです。

 

酸性染料タイプの白髪染めは、染まり具合がカラートリートメントよりも良い半面、髪が傷みやすいのは避けられません。髪の表面をコーティングしているキューティクルをはがして、毛髪の内部に色素を浸透させる方法は、髪の水分や油分を逃がしやすいためです。白髪染めをした後のケアは重要で、キューティクルを閉じるケアしないと、髪の内部の色素が外に流れ出やすくなります。これでは髪がパサパサになったり、切れ毛の原因になる可能性が高まってしまいます。